« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

ドールの相性は難しい。

慈雨は見れば見るほど可愛いです。

が、ジョアンや美月のようなスリーピングアイにはちょっと個性が強すぎるのかも・・・。

一緒に並べて置いていたら、美月が元気がなくなってしまいました。

あんなに生き生きしてたのに、泣きそうな顔に見えてしまいます。

そんなんで、今はジョアンの横で甘えてます。

不思議ですね。

ドール同士でも相性があるんだ・・・。

とりあえず、慈雨のウィッグをボアのウィッグに変えてみました。

ボアのウィッグは初めてだったのですが、形が変えやすいというか、すごく柔らかい感じが出ています。

アイもそのうち変えようと思ってます。

なんとか、美月と仲良くして欲しいし・・・。

1667

目力のある子です。

なんか、喋りそう。

1673

ジョアンがお姉ちゃんに見えます。

いじけた美月・・・。

「もうすぐ、お兄ちゃんが来るもん」と言っています。

みんなのお兄ちゃんやけどね。

飛行機に乗って、もうすぐ空から来ます!

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

慈雨、お披露目。

ここしばらく、ずっと「Don't let me down.」状態で、すっかり参っていました。

そんなので、大きい子が来るまで待てなかった私は、またお迎えをしてしまったわけです。

お人形屋さんが出来る・・・。

でも、この潤いはなんなんだろう。

「癒し」とは簡単に説明できない力が彼らにはあります。

動物とまた違った、癒しのオーラ。

また、救われました。

で、名前は「慈雨」。

ジウと読みます。

美月と同じD.O.Dの子。

詩って子らしいです。

オーナーさんは女の子として(美月みたいに)可愛がってられたみたいです。

でも、私は一応、男の子として大事にするつもり。

時々、女の子の服は着せてしまうと思いますが・・・(あまりにカワイイので!)。

ウィッグも前、一度だけ美月に付けたことがあるのに変えました。

ちょっと男の子らしくなったかな。

アイも寄り目っぽかったので、少しなおしました。

初めて、パテとやらでくっつけたんですが、時々、怖い感じに目が外れて、きゃーきゃー言いながらの作業でした。

でも、楽しかったです。病み付きになりそうなくらい・・・。(なので、またアイを買おう)。

お目目ぱっちりの子は初めてだったので、直視するのが恥ずかしかったくらいですが、慣れてくるとその目に吸い込まれそうになるくらい見つめてしまっています。

はぁ~。

可愛すぎますわ。

あんまり浮かれてて、玄関の鍵をかけるのを忘れて、モモに逃げられたという失態を犯しましたが・・・(無事、捕まえました!)。

明日から、またバリバリ働こう!!

1650

目が大きいですよね。頭はものすごくちっちゃいです。

1652

なにやら、語らっています。

設定は、A国の王子とB国の王子。

(あれ、美月は花屋の若旦那じゃなかったっけ?しかも、お笑い好きの・・・)

|

2009年6月13日 (土)

白薔薇の君。

これから仕事なのですが、テンションが上がりません。

体がしんどいしかなぁ。

昨日休んだばかりなので、次のお休みまでかっきり6日ある・・・。

もつのか、私。

もたさないと・・・ね。

ジョアンと美月の服を着せ替えました。

1583

結構、似合ってますな。美月ちゃんのだけど・・・。

で、みーちゃんは何を着ているかと言うと・・・。

1563

じゃーん。また王子さまルック。

めちゃくちゃ、似合ってるよ、みーちゃん。

1573

「白薔薇の君」と呼ぼう。

お姉ちゃん(ジョアン)とおそろいの猫のネックレス!

さぁ、元気をもらったんで、頑張ってきますか!

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

他者があっての存在意義。

人間は生きている限り自分の存在意義を模索しているのではないかと思う。

そこには『自己満足』という一見、自分本位の私欲もあるにはあると思うのだけど、私は別にそれを悪だとは思わない。

『自己満足』と他者の中における自分の存在意義が重なったら、それはそれでいいことだと思うのだけれど。

私の場合、自分の存在意義は他者との関係の中で存在する。

というか、他者がいて、初めて自分の存在意義を思う。

たとえば。

私は店で働いていて、正直、このまま終わるのかとか、自分の終着点はどこにあるのかとか、よく考える。

でも、そういう混沌とした、漠然とした未来はあまり自分を動かさない。

だけど、ある人物にとって、自分がその場所で働いていることによって、安心したり、元気になったりするんだとしたら、もうそれだけで、自分は役目を果たしているという気になる。

私にとって、それはよく来られるおじいさんなのだけれども、そのおじいさんは私がそこで働きだしてからずっと声をかけてくれて、笑顔を見せてくれて、私のときだけに買ってくださる唯一のお得意様と言っていい人です。

だから、しょっちゅう会っているわけではない。

この日に私のシフトがはいているからと知っていて会うわけでもない。

たまたま、スーパーに買い物に来た時に、私のシフトの時で、『今日も顔を見てしまったから、なんか買うわ』という風になるだけだけど、それでもとても嬉しそうで。

長く見ない時は、私も心配になるし、おじいさんも『ひっさ(久しく)見なんだなぁ』と目を細めて言ってくれる。

結局、浅い関係だとしても、その人の生活の中に自分が楽しいと位置づけられる存在であって、いつまでも続いてほしい(私がその店にいる)と思ってくれているのなら、私はそのことだけでも今の店にい続けなきゃと思う。

いつまで、と言われたら、そのおじいさんが買いに来られなくなるまでってことになるのかもしれないけど。

長く、難しそうに書きましたが、結局、いろいろ嫌なこともあったりして働く意欲もなくなっているけど、そのおじいさんのためにそこにいるという、それを根っこに頑張っていこうと思う。

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

精鋭部隊!

明日は父の命日です。

母が明日用事で出かけるので、今日二人でお墓参りに行ってきました。(お墓は歩いて2,3分のところにあります)

父のお墓の前に立つといつも申し訳ない思いに囚われます。

だから、自然に『ゴメンね』と言っているんでしょう。

きっと父が生きていてくれたら、もっと世界は明るかったと思うけれど仕方ありません。

少しでも早く、『ゴメンね』から『ありがとう』に自然に変わるように、まだまだ頑張らないといけない・・・な。

癒しの人たち。

1541

あなた方は精鋭です。なので、またネックレスを作ってあげました。

1542

猫です、ねこ。私のイヤリングを潰してトップに使いました。もう一つあるので、それはこれから美月チャンに。

1540

美月は動物に好かれるみたいです。新たな崇拝者が現れました。

王子さまルックになると、思わず「ルネ!」と呼びたくなります。

1544

やっぱり、誰が見ても「ルネ』だね。って、私しか見てない・・・(苦笑)。

7月になったら、もう一人増えるんだって。

ヨロシク!

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

風邪引きました。

風邪引きました。

梅雨どころか、寒すぎる昨今。

体力がかなり落ちているせいか、テキメンです。

まだ引き初めなので大事にしたいけど、そうも言ってられないというのが悲しいところ。

癒しは効いているけれど、体のコンディションはそうそう変わるもんじゃないですね。

そういえば、スーパーの笑顔のあの子がいない。

どうしたんだろう。

あの子の笑顔を見ると元気が出るのに。

新入社員の研修か?

1529

王子さま風の洋服が届きました!

こうして見ると、やっぱり男の子ですね。

1534

初の立ち姿。でも、全身がちゃんと写っていない・・・。

凛々しい・・・のかな?

というよりもやはり可愛い。

美月は本当に好きすぎて仕方ないです。

顔の造形が完璧に好きな顔です。

ただ、あまり賢くは見えないような・・・。

でも、天然好きなので、そこもOKです。

| | コメント (2)

2009年6月 1日 (月)

元気の源。

坂道を転がるように、ドール関係への出費が増えております。

でも、仕事のストレスやいろいろな不平不満の類をこんなに癒してもらって、本当にありがたすぎます。

まやかし、でもいいんです。

逃避だったとしても。

結局、危機的状況が無くなったわけでなく、その大川の中をざぶざぶと溺れそうになってるところに浮
き輪が来たって感じでしょうか・・・。

生きていると不平不満が磁石のようによってくるけど、それを避けていくだけの力っていうのはないん
ですよね。

上手に付き合っていく人もいれば、それがストレスになって潰される人もいる。

私は後者なので、対処方法をいつも考えています。

たいていは我慢することで乗り越えなきゃと思うんですが、許容量を超えると陰にこもったり、後ろ向
きな考えばかりに固執したり・・・。

でも、坂道は転げるためにある・・・って心境ですね。

また欲しい子が出来てしまいました。

こういうことって、あるんですね。

まるで人ごとのようですが、これが自分に起きている・・・。

1508

可愛すぎる。本当にどんどん、可愛くなるね♪

1507

どんだけ癒しオーラが出ているか・・・。感謝、感謝。

明日も頑張ろう!

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »