« 今年初めての記事。 | トップページ | 走り続ける。 »

2009年1月 9日 (金)

休息日に考えたこと。

今日は休みです。
関東のほうは雪が降っているとかニュースで言っていましたが、こちらは快晴。
そして、少し暖かい。
普段、人の中にいるために、休みの日はほとんどこもっています。
こもっているには、もったいない天気なのですが・・・。
今年は優先順位をしっかり守って、楽な方にばかり逃げていないで責めの気持ちで・・・って思っていたのに、なかなか上手くいきませんね。
それでも、一応、そういったことを頭には置いているので、少しはマシになるのかなぁ。
今日、なんとなく見ていたTVで『人間も肉と一緒で、腐りかけがおいしい』と発言されていたのを聞き、『そうなのかぁ~』と妙に感心してしまいました。
そう言えばお客さんの誰かも、『こういうお菓子は日がたったののほうがおいしいんですよ』と言ってはりました。
TVで言ってはったのは、でも、『熟成される』という意味ではなく、『ダメになりかけが一番いい』という意味で言ってはったのだと思います。
つまり、人間も、もうあかんって追い詰められた時に考えられない力を発揮するってことなんだと・・・。
ぬるま湯の中では絶対に生まれないもの。
そういうものを自分は幸運にも持っているのかもしれないと、漠然と思いました。
芸術家の必要条件は『血と涙と汗』だそうで、私は困難にぶつかったり、悲しいことに涙する度に、これは私という人間に与えられたものだと思うようになったんですよね。
『何か』になる未来の自分のために用意された試練みたいな・・・。
最近では、「まだ足りないんですか」って、反対に聞きたくなるけど。
今があって未来があるという考え方より、『未来があるから、今がある』という考え方が好きです。
その未来はいつなのか・・・。
待っているだけじゃ、絶対やってこない。
自分から、近づいていこう。

|

« 今年初めての記事。 | トップページ | 走り続ける。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

芸術家の必要条件は「血と涙と汗」ですか。
たしかにそうかも知れませんね。
結局はやっぱり、「自分自身を磨いていくこと」なんだろうから。
もちろん、その過程では無数の困難に直面するだろうし、自分自身の中にある矛盾との葛藤なんかも常につきまとうものですよね。
でも、やっぱり僕なんかは結局、ひとりきりでは到底、生きてなんかいけません。本当に多くの人たちに支えられながら、何とかあきらめずに今までやってこれました(笑)
でもそうやって、人に苦しみ人に支えられながら、ひとつずつ困難を乗り越えていってこそ、自分が磨かれていくんだと思います。
…とはいえ、僕なんかはまだまだ未熟者だし、一丁前のことをいうのはまだ30年ばかし早いですが(笑) いや、それでも早いかも(笑)
まだまだ頑張らなきゃ…(汗)

投稿: 斉藤 龍二 | 2009年4月15日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年初めての記事。 | トップページ | 走り続ける。 »