« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

10分の至福。

昨日と今日と、どういう風の吹き回しかモモっちが私の膝に乗ってきています。
甥っ子たちが帰って、寂しくなったのでしょうか。
今も乗っています。
でも、手が邪魔なのかカミカミ攻撃をして、かなり痛い目にもあっています。
それでも、怒れない。
怒って、もう乗ってくれなくなる可能性もあるわけで・・・。
フクもテールもプリンも、本当に置物みたいにおとなしくて、モモだけです、こんなにゴンタなのは。
でも、少しおとなしくなってきたような気もしないでもない・・・。
以前は夜中なんて、本当に運動会のようでしたから。
でも、最近それがないんですよね。
このまま、落ち着いて欲しいような、それは寂しいような・・・。
あっ、モモちゃん、降りちゃいました。
うーん、10分くらいの至福だったなぁ~。755

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

つぼみ。

春は何もかもが新しくなり、楽しいはずが、私の場合、ちょっと精神的に不安定になります。
私だけかと思っていたら、どうもこの【木の芽時】と言われる時期は体調を崩す人が多いらしいですね。
なぜなんだろう?
自然の人体に及ぼす影響の一つですな。
あと、不思議なのが、桜。
以前、誰かに聞いたことがあるのですが、桜には人を惑わす力があるのだとか・・・。
そういえば、満月も人をおかしくすると言うじゃないですか。
あまり、迷信とか信じないタイプだけど、こういう神秘にはなるほどと思うことが多いです。
私の家の近くの桜はやっと、つぼみがふくらんだという程度です。
でも、実は私はその頃の桜が一番好きです。
満開の桜は、確かに綺麗だけれど、なぜか寂しい気持ちの方が勝ってしまうのです。
あとは、散るしかないという予感がそう思わせるのでしょうね。
損な性分です。184

これは桜ではなく、ユスラ梅です。

| | コメント (4)

雨の日。

最近、仕事の帰りに雨に降られてばかりいる。
結構、狭い道を通っているので、車と出会うとかなり怖い。
疲れて、目が見えにくくなっているのと、車のライトで、かなり視野が狭く感じられて、いつも家にたどり着くまで生きた心地がしません。
そのことを知人に話すと、車の人も雨の日は対向車のライトや光を跳ね返すアスファルトで運転がしにくいのだとか・・・。
まぁ、それもわからないじゃないですが・・・。
でも、それでももっと気を使って欲しい場面が多々、多々・・・・あって。
このところ、私の独り言の暴言は激しさを増しています。
隠しマイクをつけてたら、面白いでしょうね。
結構、攻撃的な人間なのかも。
いや、違う。
卑劣な人が許せないだけだ。
だって、本当に自分勝手に走る人が多すぎるもの。
そういう車には、後ろから、呪いの言葉を吐いたりします。
やっぱり、ちょっとキツイかもしれない・・・自分。

| | コメント (0)

2008年3月26日 (水)

モモちゃんはスゴイ。

今度一年生になる甥っ子〈お兄ちゃんの方〉が、ネコになってしまいました。
モモにすっかり盲信してしまい、モモのことを『モモ隊長!』と呼んで、四本足で歩いています。
私たちには、憎らしいことを言うのに、モモには常に優しく接しています。
モモも、自分が彼らの妹と思っているようです。
甥っ子がママ〈私の妹〉に甘えているのを見ていて、自分のママも妹と錯覚したのか、やけに妹に甘えています。
この間は、妹の膝の上に乗って、眠っているという衝撃場面に遭遇してしまいました!
私にでさえ、ほとんど乗らないのに・・・なんで?!
やっぱり、ママには勝てないってことなのかなぁ。
なので、ちょっと、ふてくされています。
だって、甘えて、鳴くんですよ。
鳴かない子が・・・。
いつも、人間が二人しかいないところに一度に三人も増えて、モモにしたら、嬉しかったのかな。
寂しがりやなので。
でも、明日、帰っちゃうのに・・・。
きっと、寂しがって、鳴くだろうな。
でも、子供たちには小さいうちに命に触れられて、いい経験だと思います。
モモちゃんの力って、本当、スゴイね。742

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

ウサギ、その後。

あれから、例のホームセンターのウサギはたった一匹になってしまいました。
エサは、あるにはあるけれど、やはり少なめですね。
哀しい目というか、人を恨んだような目をしています。
ケージの中に小さな箱みたいなダンボールが置いてあるのですが、その中で横たわっていました。
寝てるのか、病気なのか、ケージに厚めのビニールがかかっているので、よく見えないんです。
ウサギの本を読んだら、すきま風とかは大敵だとあったので、その寒さ対策でだとは思うのですが・・・。
もう少し、ケージの中をこまめに掃除して欲しいと思いました〈匂いがスゴイ・・・〉。
そして、値段が1980円に値下げされていました。
ウサギを見ると、悲しい気持ちになって、何にも出来ない自分にすごく腹が立って、自己嫌悪の嵐に見舞われます。
それでも、やっぱり心配で見に行かずにいられない。
早く、心優しい人に飼われるといいのに・・・。
ずっと、祈っているんだけれど、力が及ばない。
ごめんね、ウサギちゃん。
一生懸命、祈るから。
毎日、あなたのために祈っているよ。

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

プリンの別名。

昨日はお彼岸で、ものすごく忙しかったです。
二時であがれると思ったのが、甘かった・・・。
結局、交代の人に『まだ帰らないで・・・』と言われ、結局、5時半までいました。
夜、目を閉じても、おはぎが目の前に浮かんで、思わず、苦笑いになりました。
ホントに、たくさん売ったよ。
頑張ったよ、自分。
で、今日は甥っ子たちがやってきて、結局、休めていない。
でも、モモが接待してくれてるのでかなり助かっています。
初めは階段のところから、半分だけ顔を出して人見知りをしていましたが、いつのまにか、子供たちの輪に入って、遊んでもらっていました。
テールはモモにお株を奪われて、ちょっと寂しそうです。
プリンは、子供があまり好きじゃないみたいです。
真っ黒で目立つので、外にいても、よく、よその小学生に声を掛けられています。
この間なんか、ひっくり返りそうになりました。
『おーい、プリンちゃーん。プリンセス!』
なんで・・・プリンセス?
他の子も、
『プリンセスー!ゴハンをあげるから、こっちにおいでー!』
と言っています。
いつのまに、そんな名前になっていたのか?
っていうか、プリンちゃん、そこまで有名だったの?
とても人が怖い子なので、決してフレンドリーじゃないと思うんですが・・・。
子供たちが呼んでたときも、ものすごい勢いで逃げて帰ってきたし。
しかし。
『プリンセス』は飼い主にはショックでした。
やっぱり、ピンクの首輪がいけないのかなぁ。
だって、可愛くしたいもん。
んー・・・。
『プリンセス』ねぇ。
『プリンス』っていうのは、ちょっといいかも。
でも、キャラが・・・やっぱり違いますわ。728

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

春の雨・・・。

今日は雨降りです。
ずっと、いいお天気が続いていたので、適度な湿り気があっていいかなと思う反面、自転車通勤には憂鬱な空。
やっぱり、雪はもう降らないみたいですね。
凛ちゃんにさよならをちゃんと言えなかった。
ま、いいか、夢の中で雪が降ったし・・・。
相変わらず、凛の姿では出てきてくれないけれど。
夢と言えば・・・嫌な夢を立て続けに見ています。
正夢になったら嫌だし、かと言って、誰やかれに言えるような夢じゃないし。
どうしよう・・・?
なんか、すごく落ち込むような夢です。
だって、ですよ・・・あ~、どうしよう。
ほんとに困る。
こういう夢を他の人も見るんだろうか?
あ~、もう言って、スッパリ忘れます。
私が最近見るというのは、死に関しての夢です。
自分の。
三日ばかり前の夢は、病院で悪い物が発見されたと言う夢。
そして、昨日は、はっきり、余命は2年と半年と言われました。
昨日のは、やけにリアルでした。〈詳しいことを書くと思い出すので、止めますが・・・〉
夢の中には私とお医者さんしか出てこなかったけれど、大泣きしてました。
朝起きたら、夢と現実がごちゃごちゃになってて、慌てました。
なんかねぇ・・・相当、疲れているのは自覚があったけど・・・。
起きた時にモモがそばにいて、その顔見てたら、『まだこの子を残して死ねん』と思いました。
死にたくないな・・・まだ。
夢の途中だし。
生きててもどうでもいい時期もあったけど、やっぱり今死んだら、悔いが残るよね。
以前、怖い夢を見ていた時期があって、夜眠るのがイヤで仕方がない時があったけど、今回もそんな感じになりそう。
でも、やっぱり、いつ死んでも悔いが残らないような生き方を、毎日しなきゃいけないと思いました。
いつまでも時間があるわけじゃないんだから・・・。

| | コメント (2)

2008年3月17日 (月)

春なのに・・・。

なぜか、このごろ昔のことをよく思い出すようになりました。
春というのは、そういう季節なのかなぁ。
塾でも、進級する子の中に他の塾に移る子がかなりいて、この時期は別れの時期でもあります。
出会いがあれば別れがある・・・というのはわかっているけれど、やはり寂しさは隠せませんね。
言葉では、『どこへ行っても、頑張って勉強するんだよ。人のためじゃなく、自分のためなんだからね』
などと、わかったような口をきいていますが、心の中では、
『なんでやめるん・・・。私を捨てる気か・・・』
くらいには思っています。
ま、それは大げさですが。
でも、去る側の方が、去られる側よりつらくないんだろうな・・・というのは、よく思います。
すごく懐いていたというか、傾倒していた子が、あっさり他の塾へ行くというのは本当によくあることで。
どうしても、裏切られた感がぬぐえませんね。
でも、その子が、その子の親が、さらに上を目指し、ステップアップすることを望んでいるのなら、それは前向きに良いことと受け止めなきゃいけないわけで。
でも、それがなぜ自分の塾ではだめなんだろうとはいつも思うことですが・・・。
いつか、別れがくるのは仕方がないことなんだから。
自分が彼らの成長期にかかわれた大人の一人だと思えば、ちょっと溜飲も下がるかな。
今日は本当は『親友』について書く予定でしたが、長くなりそうなので、また次回にします。

抜糸のときに母が『モモがおとなしくならないんです』と先生に言ったら、『それはならないと思いますよ。関係ないですから。』と言われたそうです。
ガクッ。
今、窓から外を見ています。
外を見ているときは、本当におとなしい。
外に気を100%取られてますから・・・。
凛のリードで散歩をしてあげたら喜ぶだろうな。
でも、それをするとますます外に出たくなるし、凛のときみたいにストレスになると困るし・・・。
かわいそうだけど、モモは出さないと思います。
時々、だっこして家の周りを歩くことはあります。
モモは固まってるから暴れないんだけど、いざ家に入ろうとするとグルルルと言って、噛み付きます。
うちにいるのはライオンの子かもしれません。
ネコの皮を被った・・・。

| | コメント (4)

2008年3月15日 (土)

買い物について。

今日はとてもよいお天気で、仕事に行くのがなんだかもったいないような日でした。
ほんとに、志気の上がらないヤツ。
『よーし、今日も売って、売って、売りまくるぞー!』って、言ってみたい・・・。
他のお二人は、結構、人に勧めるのがお上手で・・・。
私はどちらかと言うと、『おいしい?』ってお客さんに聞かれると、『えっ?・・・ええ。おいしいですよ』ってな感じで即答も出来ません。
いや、おいしいですよ。ほんとに。
ただ、好き好きがあるかなぁとか、いろいろ、短時間の間に考えちゃう方で、それって、下手ってことですよね。
よく、『商売っ気がないなぁ~』などと、人に言われます。
そ、そんなことはないんですが・・・。
ただ、商売人じゃないことは確かです。
でも、笑顔だけは絶やさずにいます。(笑ってごまかしている・・・とも言いますが。)
最近、ずっとセントジョーンズワースを飲んでいます。
効いているのかいないのか・・・。
まぁ、擬似薬のつもりなんで、上等です。
あと少なくなってきたから、またオークションで落札しなきゃ。
私の買い物のほとんどは、オークションで買ったものです。
服も、本も、CDも、猫関係の物も、ほとんどがそうです。
今日、着ていった、たんぽぽ色の春物のセーターもそうです。
いいものを安くで買う・・・というのに、すっかり味を占めてしまってからは、正価で買えなくなってしまいました。
貧乏生活だしね。
だからといって、客商売だから、同じ服を着てばかりもいられないし。
この冬は本当に、お世話になりましたって感じです。
みんな、ものがいいものばかりで、着るのがとても楽しみでした。
これからは、春用のカットソーを狙おう。かわいいチュニックもいいなぁ。
もう、すでにチェックを始めています。
今なら、ゆうちょ銀行の振込み料がタダだからね。
オークションの楽しいところは、売り手にもなれるところ。
読み終わった本や、もう聞かないCDを出品して、そのお金で欲しい物を買っています。
儲けようなんて、考えるとダメですね。
でも、自分の商品が高値で売れたときは、メチャクチャ嬉しいです。
めったに、そんなことはありませんが・・・。

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

今日はお休み。

ゆうべ、のども痛く、おかしいなと思っていたら、今朝、熱が出て起きられませんでした。
風邪かなぁ・・・。
でも、なんとか今日一日で治ったみたいで、よかったです。
20日のお彼岸まで、せめてあと少しもってくれたら・・・。(和菓子屋さんの書き入れ時なので。)
でも、甥っ子たちが20日以降に来るらしいし、いろいろな意味で、私の平穏はまだまだ先のことになりそうです。
本もゆっくり、読めてないなぁ。
ネコたちとも、ちゃんと遊んであげていないし。
そうそう、モモの抜糸もそんなわけで、母にお頼みしました。
タクシー代を出すと言う条件で、すんなり行ってくれました。よかった。
モモはキャリーバックに入れても、タクシーに乗っていても、病院でも、一言も鳴かなかったそうです。
そりゃ、普段も鳴かない子だけど、あまりに徹底しているので、かえって感心してしまいます。
サカっている時はものすごい声を出して鳴いていたのに・・・。
今は母が買い物や、お風呂に入って、部屋にいない時にしか、鳴きません。
私がいないときも鳴いてくれているんだろうか・・・。
たぶん、鳴いていないような気がする・・・。
モモは本当に母が好きなので。
ちょっと、軽くジェラシーです。733

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

本当の自分。

仕事を終えて、郵便局やら、銀行やら、ホームセンターやら、寄って帰ってきて、ホッ、と遅い昼食を食べていると、店から電話が・・・。
そのあとも、二回鳴り、計三回・・・ございました。
全部、私のミスです。
ミスと言うほど大きな物じゃないのですが、引継ぎで言い忘れていたこととか、入荷日の日付を書き忘れていたこととか、特注のお客様の伝票を出したままにしておいたこととか・・・。
なんで、こうも抜けているのかと思うようなことばかり。
大して忙しかったわけじゃないのに、どこか気が緩んでいたのでしょうか。
そういえば、今日は出店の北海珍味のおじさんがよくおしゃべりに来てて、喋っていたというのもあります。
あと、引継ぎの人がとても話し好きの人でその人の話を聞いてるうちに30分がたち、あわてて帰ったというのもあります。
でも、それにしても抜けすぎている。
私はどうも、人と話しているとよく何かを忘れてしまうらしいです。
それまでは覚えているのに、話している間にすっかり頭の中がゼロになってしまっているというか・・・。
だからといって、ずっと他の事に気を取られながら、目の前の人の話を聞くという器用なことは出来ないんですよ。
なので、最近はテーブルの上に、忘れないようにいっぱいメモ書きを貼っています。
えー、こんなことまでと言うようなことも書くようにしています。
なんか、自分がこの頃、信じられなくて・・・。
後でショックを受けるより、いいかと・・・。
ホントに・・・。
私の評価はかなり落ちてしまっています、皆さんから。
いいけど・・・別に。
これが本当の私なんだから。
今まで抜けているのを隠し通してきたけど、どうも無理がきかなくなったみたいです。

| | コメント (0)

ウサギのエサ、その後。

仕事に行く前に、例のホームセンターに寄って来ました。
ウサギのエサ・・・、今日も空っぽでした。
すごく、悲しい気持ちになりました。
そして、二匹のうち、一匹には予約済みの紙がケージのところに張られていました。
二匹寄り添って寝ている姿を見ると、どうしても、『二匹一緒に買ってよ』と思わずにいられませんでした。
1匹、『2490円』ですよ。
ちょっと、安すぎませんか?
私が飼えるものなら、買って帰りたいよと思ったほどでした。
でも、実際問題、とても無理で、『ごめんね』とウサギに謝るよりありませんでした。
ウサギの担当って、誰なんだ。
ケージの中が汚れていたけど、ちゃんと掃除はしているのか。
掃除をちゃんとしてないから、エサがないのもわからないんだろう。
私がそこの店の社長だったら、もう絶対、クビにするのに。
怒りがマックスになったところで、こんなお店で買い物をするのもイヤだと思いつつ、シーバ〈猫のエサ〉が一箱298円だったのと、猫缶が3割引きだったので、一杯買い物かごに入れ、いざレジに並ぼうとしてカバンの中に手を入れ、愕然としました。
財布が・・・ない。違うカバン〈和菓子屋用〉から、移し替えるのをすっかり忘れていたのです。
くー!
これは、ウサギの呪いではなく、ウサギの担当の呪いでしょうか。
そうとしか思えないほど、落ち込んでしまいました。
シーバが・・・。
モモや、みんなの残念そうな顔が浮かんできて、たまりませんでした。
明日〈もう、今日ですが〉は、朝出勤なので、仕事の帰りに、ちょっと遠回りだけど寄って買いに行こう。
その時、またウサギの様子も見れるし・・・。
でも、シーバは残っているかなぁ・・・心配です。

| | コメント (4)

2008年3月12日 (水)

京都。

昨日、知人から鶴屋吉信〈京都)の『つばらつばら』というお菓子を頂きました。
一見すると、薄いどら焼きを半月に切ったようなのですが、これがまた上品な甘さで・・・。
満月の『阿闍梨餅』の次に好きなお菓子になりました。
どちらも、生地に御餅が入っているのか、もちもちっとした食感がなんともたまらない。
中の餡も自己を主張しすぎず、皮とほどよい協調性を保っていて。
どうぞ、私を食べて日ごろの疲れを癒してください、と言っているような気がする。
おいしいものを食べた時はいつもそう思いますね。
そういえば、最近、京都に行っていないなぁ。
といっても、私が住んでいるところも京都です。
但し、京都Prefecture。
たいてい、他の方が『京都』と言われてイメージするのは、京都市ですよね。
なので、『どこから来られましたか?』と尋ねられたとき、『京都です』とはなかなか言いにくいです。
これが、大阪とか、奈良とか、和歌山とか、北海道とか、沖縄とか、東京とか〈・・・疲れた〉の人だったら、別にこだわりとかないように思うのですが・・・違うんでしょうか?
でも、そこまで詳しく言う必要もないような場合なら、『京都府です』って、あえてそんなヒネた言い方をせず、『京都から来ました』で、いいのかなぁ。一応、ウソではないんだし・・・。
でもなんか・・・罪悪感が・・・。
市内に住んでいない人間は、たいていそうだと思いますよ。
タレントさんで、京都市内じゃなく、違う市の出身の人が,『出身は京都です』と言われているを見ると、『嘘やんなぁ』と思ってしまいますから。
『京都』は同じ府内に住んでいる人間にとっても、特別なところです。
やはり、都って意識が残っているのでしょうか。
でも、私は京都に生まれてきてよかったと思っています。
そこに京都があるだけで、安心できる。
いつか、京都の町家に暮らすのが最終の夢です。

| | コメント (2)

2008年3月11日 (火)

うさぎのこと。

昨日、塾の行きがけにネコのトイレの砂を買うために、ホームセンターに寄りました。
その入り口付近に、ウサギとか、ハムスターが置いてある(?)んですが〈売るためになんだけど、もう一つ購買意欲が感じられない〉、なんか、いつも寒そうに見えるんです。
日がまったく当たらないところで、まぁ、でも人がわんさかいるところよりもストレスがたまらずいいのかなぁと思うんですが、昨日はエサ箱の中がからっぽで、二匹の内の一匹はダンボールをガシガシ噛んで食べていました。
エサは決まった時間にあげるようになっているのかも知れないけれど、空っぽというのがどうしても気になって、レジで砂の精算をした時に、そのことを言ってみました。
するとそのレジの方は、『ありがとうございます。担当の者にそう伝えておきますので。』と丁寧に言ってくださったので、私も仕事があるのでその場を立ち去りました。
で、仕事の帰りに、モンプチを買い忘れたのを思い出し、またそのお店に立ち寄り、ウサギの檻を覗いたところ、エサが何もない!
えっ?!まさか、あのままじゃ・・・・。
ウサギを飼ったことはないので、わからないんですが、エサっていつでも食べられるように置いてあるもんじゃないのかなぁ。
前は草とかエサ箱に一杯入っていたのを見ていたので、そんなもんだと思っていたのですが・・・。
あれから、もらったにしてはエサ箱の中の様子が仕事に行く前に見たのと同じ状態でした。
鳥感覚だと、エサはいつも綺麗なのが入っている状態じゃないとダメだけど、ウサギは鳥じゃないしなぁ。
犬やネコ、鳥のことはたいていわかるけど、ウサギのことはまったく畑違いです。
でも、幼稚園の頃、ウサギがいて、よく草をあげてた。
クローバーや、ギザギザのアザミの葉っぱとかウサギの大好きな葉っぱなら、よく知ってるんだけどな。
きっと、お店の人の方が素人の私なんかより、ウサギに関しては熟知されてると思うけど・・・。
思ってしまう。
とにかく、少しでも早く、いい人に買ってもらえるといいな・・・、と。

| | コメント (2)

2008年3月10日 (月)

どうでもいいことだけど、気になること。

昨日の夕方、親指が痛いと思ったら、天辺の左端の方〈爪の付け根に近い方)が2ミリくらい、パカっと裂けていた。
最近、なんでこんなところを・・・という傷が多い。
モモに引っかかれるとか、噛まれるということはあるけど、あきらかにそのときの傷じゃないものが。
乙一の小説みたいだ・・・。
私もこの傷で誰かを癒しているのかなぁ・・・って、そんなわけないやん。
微妙に神経が集中している部位じゃないですか。
もう痛いのなんの。
触らずにいられない場所だし。
また、バンドエイドが貼りにくいったらない。
指サックをしようかなぁ。
でも、あのゴムの匂い、なんとも言えず嫌いなんだけど・・・。
今はなるべく親指を使わないようにしているけど、無意識に触っちゃうし。
本当に心当たりがないんですよね・・・。
こんなところ、いつ傷つけたんだろう。
心当たりがあるとすれば・・・静電気。
前にも書きましたが、かなり静電気を帯電していて、お店でピリピリ、ピリピリ、放電しています。
お客さんにおつりを渡す時、必ず電気も一緒に渡して、びっくりさせてます。
この電気で裂けちゃってるんじゃないよね。〈絶対、それはないだろう〉
だったら、本当にこの傷はなんなんだー!
痛いだけに気になります。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

なごり雪。

地方版じゃなく、全国区で言われる天気予報というのは、やはり関東中心におっしゃっているんでしょうね。
『今日は穏やかなよい陽気でした』と言われる日に限って、こちらはものすごく寒くて、ブルブル震えていた・・・というのが、よくあります。
日本列島は細長いし、太平洋側と日本海側でも気候が違うから、仕方がないことではありますが、ちょっと寂しい気持ちは隠せません。
寂しいと言えば・・・。
春が待ち遠しい一方、もう一度、雪が降って欲しいなと思う今日この頃です。
凛にちゃんとさよならを言いたいのです。
ふきのとうや小川の水のせせらぎにも、凛を思い出します。
でも、雪は特別でした。
凛は雪の精になったと信じ込んだくらいでしたから。
もう、二度と会えないと思っていた凛に会えて、今年の冬は本当に嬉しかった。
神様、なごり雪でもいいから、もう一度、凛に会わせて下さい。050728_161656

| | コメント (4)

2008年3月 7日 (金)

新しい携帯。

新しい携帯を買いました。
というのも、ツーカーが3月末までで終了してしまうので。
父の名義のままずっと使っていたけれど、この際なので、一から変更して、新規でauにお世話になることにしました。
それで、ついでにと言ってはなんですが、今まで持っていなかった母も持つことになりました。〈本人の希望で〉
ストラップはとりあえず、私の作ったビーズ細工のクマを付けて置きました。〈無理やり〉
もちろん、私のにもヒゲ無しのビーズネコがぶら下がっています。
ワンセグやお財布機能や、なんやら一杯付いていますが、怖くて使えない。
メールと時計と目覚ましとカメラだけでしょうね、私が使うのは。
通話もほとんどしないし。
いいんです。宝の持ち腐れと言われても。
とりあえず、持っていることが保険みたいなものなので。
ツーカーの終了までに新しい携帯が手に入ったので、早速、古い携帯から凛たちの写真を移し替えています。
結構あるので、ちょっと大変。
でも、凛も無事に引越し出来てよかった!
モモは手術前より、なんか一段とオトコマエになったような気が・・・。
いや、女の子なんです・・・よ。
それは間違いじゃないんですが・・・。
とりあえず、遊びが激しい。
この一言に尽きます。
タンスのてっぺんから、まずエアコンに移り、さらに近くの柱時計に飛び移るんですよ。
そして、その先の小さい絵の入った額の上に乗ろうとする。
絶対無理なのに。
柱時計に乗ってることさえ、もうすでに無理です。
なんで、そんなに高いところが好きなのかなぁ。
高いところに上がって、物を落とすというのが一番楽しいみたいです。
相変わらず、噛みつき猫だし・・・。
テールちゃんなんか、こんなはずじゃなかったのにと恨めしそうです。
一番苛められてるから。
体は一回りも大きいのに、やられっぱなし。
性格がおとなしいので、攻撃的なモモちゃんは嫌いなんだって。
モモにやられた後はいつも、『苛められたー』と膝に乗って私や母の顔を見ます。
抱きついていますね、膝に乗っていると言うより。
モモはそれを見て、また余計にむかついて、テールを苛めるという・・・。
徐々におとなしくなっていくのかなぁ。
私の手も未だに生傷が絶えません。729

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

プラシーボ効果。

この間、団子を食べている最中に噛んだ舌がいまだに痛い。
ちょっと硬めのみたらしを思い切り噛んでいた時だったので、痛いのなんの。
涙目になりました。
疲れが相当ヤバイなぁ。
なんで、普通に順調にいかないんだろう。
いつも、仕事を決めて、慣れてきた頃に、人事によるしわ寄せが来る。
前の本屋さんのときもそうだった。
気のいい店長が辞められ、他の従業員も次々といなくなり、人手不足に拍車がかかり、休むに休めなくなって、PD(Panic Disorder パニック障害)の症状がひどくなり、辞めざるをえなくなったんでした。
今回もちょっとだけ似ている。
一人での店番に慣れてきた頃、他の人の事情で、休めない事態に陥っている。
その人のお母さんが亡くなられたのだから、仕方がないんですよ。
実家は遠いから、週末ごとに帰られているのも。
本当に不測の事態。
誰が悪いわけじゃないから、よけいに始末が悪い。
ドリンク剤も飲んでいるけど、もう一つかな。
不安感はどうしようもないから。
リーゼもないし。
仕方がないので、今は『セントジョーンズワート』(DHCの)を飲んでいる。
要するにサプリメントです。
リラックス効果があって、イライラによいと・・・。
本当かウソか、わかりませんが、私にとっては擬似薬みたいなもので安心できています。
こういうのって、確か、『プラシーボ効果』っていうんですよね。(リーゼのときも結局そうだった)
体調的に不安感を感じた時は、それを3錠飲んで、出勤します。
で、それを飲まなきゃと思うときは本当に自信がない時で、要注意です。
ハーブの一種らしいので、副作用はないようだし、とりあえず安心できたらそれでOKって感じですか。
家にいる時は極力リラックスするようにしているけれど、やはり半日では疲れは取れない。
5時間ずっと、不特定多数の人に見られているというのは、本当に神経を使うものです。
やっぱり、まだまだ修業が足りないのかな。728

そうそう、猫のえさを買いに行ったお店でジャンガリアンハムスターを見ました。
『かわいい~!』
と思った次の瞬間、ゆうべのネズミの映像が・・・。
なんとも言えない複雑な気持ちになりました。

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

タラコスパゲティ。

母の謝り方というのは、そんな謝り方なら謝らない方がいいという、典型的な悪い謝り方です。
『はいはい、私がどうせ、悪いんでしょう!あー、ゴメン、ゴメン、私が全部悪い、悪かった!それでいいんやね!』
私はいつもこれで泣きます。
もう、完全な泣かせ文句です。
だんだん最悪の状況に突入していく・・・という予兆のような言葉です。
結局、素直になれない人なんだと思います。
自分が悪いと思いたくない。
母も心の中にもしかすると闇の部分を持っているのかもしれません。
それこそ、弱みを見せたくない人なので、言えないのかな。
そんな母が今日はタラコスパゲティを夕食に作って待っていてくれました。
私が大好きなメニューです。
きっと、あの人なりの精一杯の気持ちだったのでしょう。
今まで、こんなことはなかったのに。
でも、今回は90パーセントくらい母が悪かったですから、さすがに気が咎めたのじゃないかな。
一応、私も『おいしかった』と言っておきました。
なんか、こうやって、食べ物でごまかされて上辺だけの和解を繰り返してゆくんでしょうね。
それでも、仲直りしないよりマシ・・・か・・・。
根本的な部分はちっとも解決されてないから、またいつ勃発するかわかりませんけどね。

それより、さっき、寿命が縮む事件がありました。
フクが夜の散歩から帰ってきたので、いつものように窓を開けると、大きなネズミを銜えているじゃないですか。
『ゲェッ!』
自分でも物凄い声が出ました。
その声にビックリしたフクが、思わず、ネズミをポロリと落とし・・・!
『ワァァ!!』
と、またスゴイ声です。
フクを掴んで、部屋の外に出し、今度はネズミの捕獲に大わらわ。
夜中の十二時ですよ。
捕獲といっても、虫の息だったのですが、掴むわけにもいかないし、『もうどうしたらいいんや~!』って、一人、オロオロしていました。
ハツカネズミの二倍はあるでしょうか。
ネズちゃんもよくネズミを持って帰ってくる子だったので、慣れているとはいえ、こわいのに変わりはなく。
『こわいよー、こわいよー』と言いながら、ほうきとちりとりで捕まえました。
目はすごくカワイイんです。
でも、やっぱりこわい。
フクはおみやげを持って帰ったつもりなので叱れません。
フクに捕まったネズミさんも災難でしたが、私もかなり可哀相でした。
今度からは、窓を開けるとき、何も持ってないか確認してから開けるようにしないと。
今でもまだドキドキしています。

| | コメント (2)

2008年3月 4日 (火)

その後。

モモの術後ですが、とても順調です。
おなかを包帯すら巻いていないので、すごく心配でしたが、かえってストレスがないのか、自由に走り回っています。
もちろん、ばんそうこも貼ってません。
なので、縫い目とかよく見えます。
先生が上手に縫ってくれているのがよくわかる。
よかった。よい先生にして頂いて。
初めての病院だったけど、安心してお任せできたし、これからはこちらの病院にお世話になることになりそうです。
なんといっても副院長がいい。
フクという名前のネコちゃん。(うちのフクと名前が一緒です!)七歳。
その病院が開業された時に同時に飼い始められた雑種の猫ちゃんなんだそうです。
受付のところにちょこんと座っていたので、『いい子だね』と声を掛けると、『ニャ~』と返事をしました。
ちなみに警備はワンちゃんの名前がありました。(お出会い出来なかったけど、お仕事中だったのかな。)
モモの性格もいまのところ、かわりはないようです。
他の子が嫌がらなくなったのは大きいですね。
今朝なんか、フクとくっついて寝てました。以前なら、絶対ありえなかった光景です。
その上、驚いたことに、フクがモモの頭を舐めてやっていました。
寝ぼけていなかったら、貴重な瞬間が撮れていたのに・・・。惜しいことをしました。

母との喧嘩ですが、仲直りするのがまた一苦労です。
一応、仲直りはします。
じゃないと、苦しさは増すばかりですので・・・。
でも、結局、根本的な解決には至らないので、うやむやで終わるよりないという感じです。
まぁ、いつも怒るのは私の方が多いので、許すというのもほとんど私の方ばかりです。
母も相当、母なりの努力をしているんだと言い聞かせ、少しづつ、喋るようにしていく。
今回もそういうパターンになりそうです。
ブログでは私が一方的に自分の立場からだけで、母の悪口を言いましたが、母には母の言い分があるだろうし、公平ではないですね。
ブログの名前を変えたほうがいいかな。〈苦笑〉
『空色の旅』というのは、私が書こうとしていた童話の題名から付けました。
何にもとらわれない自由な心を表した・・・ってところでしょうか。
あと、ハンドルネームの『メル』は昔飼っていた、トイプードルの名前です。
私が買った子だったのに、私より父が大好きで、父もすごくかわいがっていた子でした。
私はもともと犬の方が好きだったのです。
ネコはどちらかというと苦手でしたね。
ひっかくし、毛は付くし、わがままだし・・・。
今では、こんな愛しい存在はいませんけどね。

| | コメント (2)

2008年3月 3日 (月)

家庭内不和。

母と喧嘩をしました。
母との喧嘩の虚しさはもう十分すぎるほど知っているので、なるべく逆らわないように、当たり障りのないことしか言わないように注意していたのですが、どうしても許せないことがありました。
結局、一晩寝ても許せる気持ちになれず、こう着状態が続いています。
こういうとき、いつも思う。
母は妹と暮らしたかったんだろうなと。
私とは昔から、そりが合わなかったし。
妹なら、もっと母とうまくやっていけるんだろうなと。
喧嘩の度に言い合いになり、どちらかが泣き(どちらも泣くことの方が多いか・・・)、私はなぜわかってくれないのだと言い、母はアンタは難しすぎると言い・・・。
わかりあえない人間が同じ家で暮らしていく限界を感じ続けていたけれど、私には行くところもないし、父が亡くなった今、母を頼むと言われていたし、頑張って諍いをしないように努力していたのに。
私だけが努力をしていたとは思わない。
でも、喧嘩をするのはいつも母の心無い言葉や態度が原因で、そのたび深く傷ついてしまう。
母も私に対して、ガマンをしていると思う。
私は夢ばかり追って、地に足が付いていない性質だから。
でも、母は時々、私が病気だということを忘れている。
私がパニック障害であることを忘れてしまっている。
一番理解されたい人に理解されない悲しさ。
これは言い表しようもない寂しさです。
だから、私は人の痛みや傷を理解したいと思うのかな。
自分にはどうしても与えられない物だから。
母が思いやりのない人だとは思いたくないけど、自分の親ながら、もしこれが違う親だったらとよく考える。
こんな大きくなって、いまだにこんなことを言っているのは恥ずかしい限りですね。
あー、情けなくなってきた。
でも、ダメなんだよね。今に始まったことじゃないだけに、小さな頃の自分が出てきてしまう・・・。
父はいつも私と母の喧嘩を第三者のまま、寂しそうに見ていたっけ。
だから、最期に心残りだったのは私と母が仲良くやっていくことだけだったと思う。
病院でずっと心配していたから。
本当に私は心底、親不孝だな。
頑張らなきゃと思えば思うほど空回りしている。
母の期待するような自分になりたいと思うのに、そうじゃない自分にばかりなってゆく。
母にはいつも不甲斐ない娘でゴメンという気でいる。
でも、きっとそれだけじゃ足りないんだろうな。

| | コメント (8)

2008年3月 2日 (日)

モモは元気です。飼い主は・・・。

725 モモの術後ですが、『本当に君は手術をしたのか?』というくらい、元気です。
ありがたいことです。
性格も見るところ、変わっていないです。
獰猛なところも、天真爛漫なところも、寂しがりなところも、やんちゃなところも。
ただ、他のネコをあまり追いかけなくなりました。
薬もウェットフードに混ぜてやったら、見事に食してくれています。
抜糸までまだまだあるので、目は離せませんが、とりあえず、ホッとしているところです。

そうそう、昨日のタイトルはさすがに誤解を招くようなのでしたので、変えておきました。
はぁ、今日も疲れました。
ゆうべから、ずっと仕事の段取りのことばかり浮かんできて、なんでこうも気が小さいのかなと自分が嫌になりました。
でも、考えた甲斐があって、おたおたせずに済みました。
でも、疲れてくると声が大きくなることがわかりました。
ヤケになってるんでしょうかね。
忙しければ忙しいほど、丁寧になる。
一人の人に対峙する時間が少なければ、次々とお客さんははけてゆく計算になりますが、一人の人に長く接していると、その分、楽も出来るわけで。
楽ってほどじゃないですけどね。
待っている人の見えないプレッシャーは強烈ですし。
でも、もう完璧にしなくてもいいんだと自分の中で折り合いをつけた部分があります。
今日は、みたらし団子と三色団子と草団子と草もちとツマミと桜餅と柏餅を特売で13円引きで売ることになっていました。
どーんとパン箱にそれぞれ並んだままを表の平台に置くのですが、それだけを置くスペースがない。
なんといっても七箱ですから。
お客さんはその中から、あれとこれと、それと・・・と、大体二つづつくらい買います。
それを、確認しながら、こちらで取って、パックに入れてゆくのですが、しんどい思いをするわりに、金額は少ないときています。
また、お団子同士がくっついてなかなか、離れない。
もう、泣きたくなります。
こういうのが毎回、土、日、あるわけです。
避けては通れない。
なので、もう今日は先にパックにいっぱい詰めて、それを先にとってもらってから、少なくなってきたら、パン箱を一つにまとめたりして置いていきました。
そうしても、やっぱり忙しかった・・・。
お金はよく間違うし・・・。
『スミマセンでした!』とひたすら平謝りです。
忙しい中にもしっかり落ち込むし、本当に疲れ果てました。
なんか、こんなことしている場合なのかなと毎日、葛藤です。
本当にやりたいことは、疲れ果てた頭ではゆっくり考えることも出来ません。
それでも、食べていかなくちゃいけないからね。
本末転倒、って気もしないではないんですが、甘えていても仕方ないし、やっぱり乗り越えなきゃいけないってことでしょうね。
自分の人生だから。
まぁ、とりあえず、今日は帰ってきて、母と小さなことで喧嘩をし、ふてくされて、カーって寝ました。〈テールが添い寝をしてくれました。あとから、モモも一緒に寝てくれました。癒された~。〉
明日は塾の日。
塾は塾で、この間、厳しくするといった子が辞めてしまったし・・・。
私が悪いのか・・・。
当たり前のことをしなさいと言っただけで、なんでもうイヤになってしまうのか。
甘えを少しぐらい許さなきゃいけなかったのか。
あんなの厳しいうちに入らないと思うけど、それでもあの子たちには厳しい要求だったのか。
・・・悩みます。

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

愚痴る。

今日もまた午後から仕事。
明日は朝から。
半日の仕事といえ、毎日はキツイ。
って、普通に働いている人はこれ〈毎日働くというの〉が当たり前なんですよね。
でも、私はかなりしんどかったりします。
パニック障害の自分は本当はこういう職種は避けて通った方が自分のためにもいいんだとはわかっています。
でも、手っ取り早く雇ってもらえるというのと、もう一つの塾の仕事を辞めたくなかったら、どうしてもシフトのある、日にちを融通してもらえる仕事になるわけです。
いつも書いていることですが、人と接する仕事は基本的に嫌いではありません。
人と喋っていると元気にもなるし、笑顔も生まれます。
でも、しんどい時は本当に誰とも喋らず、貝になりたいと思うことがある。
最初の時みたいに、『お客さん、来るなー』と思うときもある。
特に土、日は忙しさもハンパでなく、それを想像すると行きたくなくなる。
何日か前の例の予兆が最近、また顔をのぞかせてきました。
体力のある時や余裕のある時は、『そんなもの大丈夫!』と跳ね返す気力もあるのですが、今はすっかり弱気になっているので、相当にヤバイです。
休みが欲しい。
でも、しばらくはこのままでいかなきゃいけないらしい・・・。
もう売り上げなんか、知らん。ゆっくりやるぞ。
テキパキするのもやめてやる。
欲しかったら、そっちから声掛けてくるまで、私は動かん。
・・・なんか横暴な和菓子屋さんですよね。
でも、人間、そんな時もあらぁな。
キカイじゃないんだから、いつも100%ではいられない。
こうなったら、内職も持っていってやる。
英語をまた勉強しようかと思っているので、最近、英語で日記をつける練習とかしてるわけです。
それも向こうでやってやる。
なんか、むちゃくちゃになってきました。

モモちゃんですが、少しおとなしめですが、それでも夜中に私の机の上のものを全部落としてくれましたし、性格はかわっていないようで安心しました。
噛んでくれますしね・・・。って、獅子舞か。
術後服を作ってしまいましたが、ものの10秒もかからないうちに脱いでしまいました。
また、考えます。とりあえず、舐めていないので今は安心しているのですが・・・。

おっと、時間になりました。
キレたまんまで、行ってきます。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »