« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

凛ちゃんは男であった。

外回りの大工さんが来られるようになって、4日目。
騒がしいのに少しだけ慣れたのか、凛はなんと一番よく見えるところに座っていかにも『監督してます!』ってふうに、見ています。
二人で来られてるんですが、ほとんど無駄な会話をされません。
そんなので、凛もあんまり怖がらずにすんでいるのかな。
でも、日中、緊張してるせいか、夜とか朝早く、凛が不機嫌そうに鳴いて、鳴いて、たまりません。
マタタビもものの1分くらいしか興味を示さないし・・・。
やはり、凛には『カイロ』しかないのかと、今日、デニムの生地でカイロカバーを作り、それに入れて凛に与えたところ、少し興味を持って、放り投げたりしてくれました。
でも、イマイチ、匂いとか薄いらしく、それほど長くは遊んでくれません。
まぁ、仕方ないか・・・。

私事なんですが、今、求職中でして・・・。
一ヶ所、働いているのですが、あと一つ、どこか探さないととハローワークによく通っています。
一つ、家から近いところのを見つけたんですが、ちょっと電話をする勇気がもてず、ダラダラ日々が過ぎてしまっています。
怠け者になっちゃ、だめだよ!と思う反面、バリバリ働く気持ちにもなれず、すでにもう、立派な怠け者です。
凛の病院代や、エサ代(pHコントロールは高い!)等、これからたくさんいるし、悠長にしていられる身分じゃないのですがね・・・。106
とりあえず、明日、電話して・・・みます。

| | コメント (3)

2007年5月30日 (水)

遊びたいんや!

ねこは調子が悪いと、ぺロペロと舌を出して口を舐め始めますね。
それを始めたら要注意!
ストレスがマックスになりつつあるんだろうと対処します。
外に出ることで解消できる子はそうするのですが、凛はそういうわけにはいきません。
知らない人がうろうろしてるのがコワイのですよ。
しかも、オスのクセに男の人が大嫌いだから、よけいです。
おもちゃも見向きもしないし、どうしようと困っていたら、ふと思い出したのが、使い捨てカイロ。
たまたま残っていたので、それを見せると、喜んだのなんの。
でも、中身が出そうなほど、しつこく遊ぶので、しばらくしたら取り上げました。
凛は大いに不満みたいで、「まだ遊ぶんやったのにぃ!」とかなりぐずっていました。
余計にストレスがたまったって?
うーん、何か、カイロに代わるおもちゃがないだろうか・・・。
放り投げて遊べるようなもの。
・・・明日(っていうか、もう今日なんだけど)、考えよう。
とりあえず、動画とって見ました。母が特別出演しています。

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

凛たちのストレス。

凛はまた調子が悪いです。062
やはり、外壁の工事はかなりのストレスのようです。
本当に困った。
今日から、また投薬を再開します。
クスリは凛の負担にならないようにあっという間に済ませる自信があるからね。
ゴメンね・・・本当に。
フクとプリンの昨夜ですが、フクは早いうちに捕まえて、出しませんでした。(今朝は出て行ったけど・・・)
プリンはやはり、屋根から入ろうとしたけれど、窓がビニールに覆われていたのでとても困惑しているようでした。
せっかく、屋根に上がってたけど、下から呼んで、降ろし、だっこして、中に入れました。
人間の都合で、猫にはストレスをためてしまい、本当にゴメンナサイです。
でも、母がどうしてもしたいといったので・・・。

これとは、まったく関係がない話なんですが、昨日はちょっと不思議なことがありました。
仕事から帰ってくるときのことです。
私の交通手段は自転車です。
帰宅時間はたいてい、夜の7時半から8時の間です。
で、わりと人気のないところも通ったりするわけです。
一度、自転車のへんなおじさんにつけられたことがあってから、自転車の人は要注意していて、昨日も私の前を無灯火っぽい、自転車がいて慎重にあとをついていってたんですよ。
あっちふらふら、こっちふらふらって感じの乗り方で、でも後ろから見ると女の人にも見えるし、どっちだろう思いながらいました。
私と帰る道が同じらしく、「えー、どこまで一緒なんやろ?」って、かなり嫌な気持ちでした。
でも、まぁ、後姿が見える範囲でついていってたのですが、急に姿が見えなくなったんです。
見えなくなったところは家もなく、また横道に逸れる場所でもなく、まさに、消えたって感じでした。
なんか現実のことに思えず、スピードを上げて、もしかしたら、もっと先に行ってるんじゃないかと探してみたのですが、その先は直線で見通しはいいところで、もちろん、誰もいません。
ただ、その人が消えたあたりにはお墓がありました。
お墓の方へ行く道の方へ行ったんかい?
コワイというよりも、なんで?って気持ちのほうが大きかった。
すぐ横には、線路もあり・・・。
なんか、今になって、ちょっと怖くなってきました。

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

困った、困った!

家の外壁を塗りに大工さんが朝から来られています。
今日は、まだ塗るところまでいかず、さび止めやらなんやら、されているようですが・・・。
困ったことに、二階の窓、全部ビニール貼られちゃいました。
ってことは、フクやプリンはどうやって入ってくるの?
帰って来れないってこと?
うーん、悩みます。
夜中、外で見張ってて連れて入らにゃあかんってわけですか?
ってことは、また寝られないってことですか?
それが、しばらく続くの?
外壁が済んだら、今度は中の壁の張替えがあるらしい。
これは、凛のせいだよ。
もう、そりゃ、すごいことになってるからね。
その、かんじんの凛さんは外のガタゴトが怖くって、よそのねこみたいに自分を失ってらっしゃいます。
目をまん丸にして、右往左往。
ちょっと、病気もよくなったからいいようなものを。
ほんま、またストレス溜まるよね。
でも、これはだいぶ前から決まってたことっだから、ゴメンよ。003

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

ねこのお皿。

278 凛の療養食〈pHコントロール・s/d〉などは、健全なねこちゃんは食べてはいけないそうです。
フクやテールが食べてたよ~。
なかなか、難しいです。
うちには、ねこが四匹いますが、お皿は特に決まっていません。
うちの子は代々、ゴハンは人間と同じ瀬戸物のお皿で食べます。
百円ショップとか、私達が使っていたお古とか、いろいろです。
凛には、なんとなく、小皿であげてしまいます。サクラの模様のとか、ウサギの絵柄とか・・・。
テールは青色の線の入った涼しげなお皿が多いかなぁ。
フクは女の子だから、ピンク系のお皿が多いし・・・。
プリンは幾何学模様のお皿とかでよく与えてるかも・・・。
なんだかんだ言って、決まってるようなものですね。
で、結局お皿は十個ほどあります。
そのつど、洗って、天日で干して。
別に十個もいらないと思うんですが、気が付いたらそうなっていました。
そうそう、水入れもちょっと深めのお皿です。
陶器市とか行ったら、それこそ『ねこのお皿』探し、してしまいそうです。

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

やさしいねこさんを目指して。

凛は本当にプリンちゃんが嫌いです。
『仲が悪い』っていう程度では説明できないような気がします。
見ていると、
『アンタと同じ空気吸うんも、いやなのっ!』
ていうような、嫌い方でして・・・。
見ていて、プリンが気の毒になります。
いい子で寝ているだけなのに。
凛には何の迷惑も掛けていないのに。
・・・追い出すんです。
プリンは凛に追いかけられるだけで、気を悪くして、外に出ちゃうんです。
また、それが凛は気に入らない。
自由に外を行き来できるのが、たまらなく腹立たしいのです。
でも、それは、フクもテールも一緒なのに・・・。
思うに、凛はひがんでいるんだと思います。
プリンちゃんが真っ黒だから、うらやましいんだと思います。
だって、凛は黒いところが少ないから・・・。
あこがれが、嫉妬に、憎しみにかわってしまったのではないでしょうか。
じゃないと、ただの『イジメ』だよ、凛ちゃん。
たしかに、凛は可愛いけど、やさしくはない・・・と思います。
やさしい猫を目指して、頑張ってね!050207_105941

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

プロ技。

みなさんは、ねこにクスリ〈錠剤〉を処方する時、どうやってされますか?
私は、テーブルの上にねこを乗せてします。これが、今まで試した中で一番やりよい場所でした。
で、左手でねこをなぜなぜしながら、首の辺りを後ろから支え、上向き加減にし、右手にクスリを持ち、歯をこちょこちょとしていると、指を噛もうとするんです。そこで、待ってましたとばかりに、クスリを舌の奥に入れ、口をしばらく閉じているとあっという間に飲み込んでしまいます。
母に手品みたいやなぁと言われました。
フフン。かなり、嬉しいです。
でも、凛の投薬は、今日で一応、終わり。
せっかく、習得したプロ技ですが、発揮できないことを私は祈ります。196

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

ネコとストレス。

ネコはストレスに弱いそうです。
最近、読んだ本に『ネコ並みにストレスに弱い・・・云々』という一文があり、ちょっと身につまされてしまいました。
凛は、まだ完全とはいえない感じで・・・。油断はしないぞと思いつつも、楽観しかかっていた私は本当に毎日の浮き沈みが激しいです。
凛の病気には、ストレスは敵だそうです。
凛のストレスを発散すべく、今日もお散歩に行ったり、遊んだりしました。
でも、おもちゃで遊ぶのも限界があって・・・。
飽きちゃうんですよね。私も凛も。
で、今日は、家の中で『かくれんぼ』なんぞしてみました。
結構、それらしく遊べました。
凛は見つけられないと、鳴きます。
ちょっと、反則ちゃうん?と思いながら、「ここやで」って言うと、走って探しにきます。
私の時間はそうやって、凛一色で過ぎていきます。
なので、フクや、テール、プリンは母っ子になって、ちょっと寂しい。
凛が本調子になるまで、もう少し待っててね。78_001

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

凛、その後。

フクちゃんが帰ってきたのは、朝の4時でした・・・。
ゆうべ、凛と外で待ってたんだけどなぁ。ころころ、転がってきたのは、テールちゃんだった。
『番猫してます。しっかり見張ってますので、ご安心を!』
って、得意そうにゴロゴロしてました。
凛は、塀の上でセンサーみたいに、外の気配を伝えてくれてました。
猫って、暗闇でもよく見えるんですよね。
また、今日も出る出るといってききませんので、ちょっとだけ出てきます。

そうそう、凛の病気はよくなってきているみたいです。
pHコントロールも食べてくれるから、嬉しい。
今日は薬も私一人で、与えられました。二錠をなんと30秒で飲ませられました。
ちょっと自慢・・・。185

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

夜のお散歩。

フクちゃんとのお約束。
それは、昼間、外には出ないということ。出たら、その日のうちに帰ってくるということ。
でも、時々、フクちゃんはお約束を破ってしまいます。
昨夜、いつまで待っても帰らなかったので、おかしいと思い、凛と一緒に外に出てみると、何かを見つけたのか、凛が体を低くして一点を見つめています。
すると、なにやら丸いものがこちらに転がってきました。
「あんた、誰?」
尋ねると、フクちゃんでした。
近くまでは帰ってきていたみたいです。
では、なぜ、帰れなかったのか・・・。
実は、テールが番猫をしていて、どうやら家に入れなかったらしいのです。
テールとフクちゃんは、もともと仲がよくないので余計に帰れなかったのでしょう。
もしかして、今までもそんなことが度々あったのかもしれません。
フクは、また懲りずに出かけていきました。
今夜もまた、凛とお散歩しなければいけないかもです。305

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

ご褒美。

002 凛の調子が日を重ねるにつれ、よくなってきました。
オシッコも昨日よりも出ているように思います。
一日々、手探りの看病でしたが、凛の頑張りとエサと薬のおかげで治りつつあることを、今、実感しています。
そして、今日は思いがけない『ご褒美』を凛からもらいました。
夕食後、テレビを見ながら食卓でなごんでいると、凛が自分から私の膝に乗ってきたのです。
こんなことは、本当に珍しいことで、今まで二度くらいしか覚えがありません。(一回は、病気でぐったりして、心細かった時でした。)
母の膝には、たまに乗っているのです。でも、私のところにはなぜか来てくれず・・・。(テールも母の膝が大好きです)。
今日は、母が隣にいたにもかかわらず、私の方に来てくれました。
もう、嬉しくて、嬉しくて・・・。
ニヤニヤが止まりませんでした。
緊張して動けず、足が痺れましたとも。それでも、あの重さは愛しさに比例するって感じでした。
私の手を舐めたり、噛んだりして、ひとしきり遊んだら、丸くなって眠り始めました。
小一時間もいなかったかもしれないけれど、至福の時でした。
なんか、今までの寝不足や苦労等が消えてなくなったくらい、私にとっては嬉しい出来事でした。

凛ちゃん、本当に、早く元気になってよかったね。また、いっぱい、遊ぼうね!

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

久々の凛の動画。

今日はなんだか肌寒く、うちのねこたちもみんな静かに寝ています。
総じて、うちのねこはよく寝ます。(そして、夜に元気に活動するのですから・・・人間はちょっとついていけない感じです。)
凛の病気から一週間がたち、凛も私も少し疲れが出始めているみたいです。
お互い、気を張っていたから仕方がありませんね。
順調が目に見える時と、見えない時があり、まだまだ心配には違いありませんが、峠は越えたのではないでしょうか。
それでも、相変わらず、一喜一憂しています。
まぁ、あまり神経質にならず、時間を掛けて治すようなつもりで接して行こうと思います。
今日は久々に凛の動画を撮りました。
ビニール袋で遊んだあとの凛です。
まだ本調子じゃないので、病み上がりの顔をしていますが、眠いのもあります。
実際、このあと、寝ちゃいましたから・・・。

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

ありがとうございます!

306 昨日の凛は朝の7時ごろから夕方の6時ごろまで、ずっと寝ていました〈夜中起きて、歩き回っていたので疲れたのでしょう〉。
ちょっと、寝すぎじゃないかと思ったのですが、あんまりスヤスヤ寝ていたので起こせませんでした。
起きて、しばらくボーっとしていましたが、よっぽどおなかがすいたのか、しばらくすると、pHコントロールを抵抗なく食べてくれました。
オシッコも日に日に、少しではありますがよく出るようになっているように思います。
遊んで欲しくて、ビニール袋の中に自分から入ってみたり、柱や戸の端っこに体をこすりつけて甘えたりします。
今日は朝8時ごろに起きて、昼間は遊び、夕方、眠くなったのかイチゴハウスに入りました。
それにしても、新しいエサは絶対に食べないと思っていたのに、頑張って食べくれて、本当に助かります。
凛と散歩にまた行けるようになって、夢みたいです。
家の周りを歩きながら泣いたり、動画の元気な凛を見ながら泣いたり、本当にこんなに早く回復してくるとは思っていなくて・・・。
本当に嬉しいです。
まだまだ、オシッコは少ないし、本調子ではないけれど、油断せず、見守って行きたいと思います。
心配していただいた皆様、励ましていただいた皆様、本当にありがとうございました。
引き続き、凛の様子はこれからもご報告させていただきます。
凛と同じ病気のにゃんこちゃんをお持ちの皆様、絶対、よくなります。
あきらめず、にゃんこちゃんと一緒に、頑張ってください。

| | コメント (2)

2007年5月17日 (木)

オシッコが出なくなって・・・約一週間。

127_1 凛はオス猫にしては、小さいです。もう、二歳になるというのに、まだ子猫って気がします。
テールもプリンもオスって貫禄があるけど、凛は甘ちゃんって感じで・・・。
また、寝起きが・・・。起きてもしばらく、ポーっとしていて、なかなかスイッチが入らない。
そんな凛なので、本当に甘やかしてしまっています。その上、病中ときているので、どれだけ過保護か・・・察していただけるかと思います。
ゆうべも、ずっと昼間中寝ていた凛が、鳴いて、騒ぎ出したのが夜の9時でした。それから、延々、「オシッコが出ない」ことと、「おいしいゴハンが食べられない」ことの不満を言い続け。相手をしている時だけ、鳴かないし、いい子にしているのですが、ちょっと放っておくと、また不満そうな声で鳴くのです。結構大きな声です。
病気にストレスはよくないからと、鳴かれるたびに起き出していたら、結局、また眠れませんでした。
それでも、pHコントロールのエサを夜の間に計40粒ほど、食べてくれたし〈やけくそっぽかったですが・・・〉、オシッコも徐々に出てるかな・・・みたいですし、水も飲んでくれてるし〈もっともっと、飲んでほしいけど〉。
とにかく、少しづつでもよくなっているんじゃないかと思いたいです。

テールはなかなか甘えられないので、自己主張を母にしています。隙あらば、母の膝の上を狙っていて、食事中だろうがなんだろうが、飛び乗って居場所を確保しています。
プリンは帰ってきたら、大きな声で「帰ってきたぁ!」と鳴くようになりました。凛が寄ってくると短いしっぽを、ブンブン振って、「あんた、嫌い」と言っていますが、何もしません。
フクは一緒に散歩に行ってやると、一緒について帰ってくるようになり、お出かけが減りました。家にいてくれるので、本当に安心です。
それにしても、この子(フク)はpHコントロールをおいしそうに食べる。私も食べてみましたが、凛の気持ちがよ~くわかりました。
今日は凛の薬を、また一週間分もらってきます。

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

鳴き疲れて・・・。

凛はよく鳴く。
その度に、撫ぜたりしているのだが、それをずっとしているわけにもいかず・・・。
『おなかがすいた・・・ふつうのゴハンを頂戴!』
『オシッコがでないよ~』
等、言っているんじゃないかと思う。
お外に出たいというので散歩にも連れて行った。フクも一緒にあとからついてきた。
凛は外で二、三回しゃがんでいた。
トイレに行く回数は確かに減った。でも、出方はやっぱり少ない。
エサはs/dに見向きもしないため、pHコントロールをやっている。
おなかがすき過ぎて、しかたなく食べている。
それも、『ゴハンだよ』と置いた時には食べてくれないため、三箇所くらいに置いている。
風味がなくなるので、時々換えながら・・・。それを、フクが何も言わないでも食べている。
凛もこんなふうに食べてくれると助かるんだけど・・・。
凛は少し情緒不安定にもなっているもみたい。家の中をぐるぐる、歩き回っている。
そんな元気があるということは嬉しいことだけど。
凛の好きなのは、濡れた手で、体を撫ぜられること・・・。毛が一杯手に付くので、毛取り効果もあるかなぁ。
それにしても、やっぱり、完治には時間がかかりそうだ。
オシッコがもう少し目に見えて出てくれるといいのに・・・。
凛は・・・鳴き疲れて、寝ている。13_006

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

生きる力。

195 薬とエサ〈pHコントロール〉の効き目がいいのか、凛はかなり前の状態に戻りつつあります。
といっても、オシッコはまだまだ少量だし、エサもたくさん食べてはくれないけれど。
なんかわからないけど、走り回ったりもしています。
動かないとおなかもすかないから、散歩にも連れて行きました。カエルを見つけて、喜んでいました。
昨日のネズミのしっぽ作戦は、やはり今日は通用しませんでした。
今日の凛は、『何してるの・・・しっぽが食べるわけないやん』って感じで、覚めた目で見ていました。
『おなかがすいた!いつものゴハンちょうだい!』と、鳴かれた時は葛藤です。
pHコントロールを半分に割って、差し出しても、『これと違うの』と、そっぽを向かれます。
それでも、心を鬼にして、放っておいたら、イヤイヤ自分から食べていました。少しですが・・・。
自分から、というのが大きいですね。まだ、食べようと言う気持ちはあるんだと嬉しくなります。
それに、徘徊をしなくなったのが何よりの進歩だと思います。トイレに何度も駆け込まなくなって、そこらじゅうでしゃがまなくなって、ティッシュ箱を片手に後を追わなくてもよくなったというのは、凛も私も精神的に楽になりました。
ほんとにまだ、気持ち程度よくなっただけで、油断も安心もしていないけれど・・・。
昨日、コメントをいただいた方が書かれていたのですが、野菜・果実は猫にはよくないのだそうです。あと、運動が大事だと・・・。
凛は確かに草が好きです。他の子よりもよく食べます。他の子は胃腸の調子が悪い時、または毛玉を吐き出す時、葉先の尖った葉っぱを食べることで胃を刺激させて、毛玉等と一緒に草ごと吐き出しているのがほとんどなのに比べて、凛は葉自体を食べ物の一つのような感覚で食べているようです。実際、食べた草を吐き出したところを見たことがありません。
お医者様も、体質に問題があると言われていたけど、この機会に草を与えるのをやめて、様子を見ようと思います。
水ももっと飲んで欲しいなぁ。
水の場所を三箇所ほどに増やしました。エサの場所ももう少し増やしてみようかな。
トイレも二箇所、置いてあります。〈近くに二つです。しんどいときは、動く範囲を狭くしたほうが凛も楽かなと・・・)
凛ちゃん本当に頑張ってくれているので、毎日涙が出そうです。

フクもプリンもテールも、凛ちゃんの一大事だとわかっているのか、手間をかけさせることなくいい子にしてくれています。(フクもあれから、毎日、帰ってきてくれていますし・・・!)
本当に、うちの子はみんな、親孝行のいい子たちばかりです。

| | コメント (0)

ネズミのしっぽ様々。

私はどうも猫のことになると人が変わるみたいです。010_007_1
真剣になるというか、頭が研ぎ澄まされるというか、底力が生まれてくるというか・・・。
いつも、どれだけぼんやり生きているか、わかるというものです。
愛の力は、大きいです。
ピンチになったときに口ずさむのは、もちろん、カンさんの『愛は勝つ!』です。

凛ちゃんですが、やはりエサを前のを混ぜたのがいけなかったようです。お医者様にもう一度尋ねると、絶対ダメと言われました。
ただ、ひたすら、根気よく、食べてくれるのを待つしかないと・・・。
何にも食べるものがないと、そのうち食べるようになります・・・と・・・。
でも、凛はそのうちに黙って食べてくれるような子ではなく・・・。欲しがる時に食べないと、段々食べたい気力が失われるし・・・。もう、どうしたらいいんだろうと、途方にくれていました。
でも、今晩、凛が少し食べてくれたのです!どうやって?
おもちゃのおかげです。私や母は薬をやったり、凛の前足にすり餌を引っ付けるイジワルなヤツという立場がインプットされつつあり、エサを持っていってもフンって、されるようになってしまいました。
それなら、凛の好きなおもちゃはどうだ!と、凛の一番好きなおもちゃ〈おもちゃのネズミのしっぽ〈ネズミはない〉に紐を付け、細い棒の先にぶら下げた物〉をエサに近づけ、いかにも、しっぽが食べているかのようにして様子を見ていると、おもちゃに気を取られた凛がそろそろと近づいてきて、おもちゃが食べるんなら僕も、と言う感じで食べてくれました。
それは、あっけないほど・・・。こんなんでいいのかというくらい、簡単に。
おなかがすいていたというのが大きいとは思いますが、それほど、私たちは警戒されていたんだと思い知りました。
明日から、またその方法が通用するかはわかりませんが、動くものにはしんどい時も反応してしまう凛なので、またやってみます。
ネズミのしっぽ様々です。
おしっこは、そのおかげかちょっと出ました!
今、凛は寝ています。夜中にまた徘徊をするかもで、またティッシュを持ち、あとをつけて歩かなくてはいけないかもですが、頑張ります!

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

一喜一憂。

212_019_1 すごく難しい。
凛の食欲がなくなって、動けなくなると治るものも治らないと思い、エサを徐々に換えていくことにした。
今までのエサに、pHコントロールを混ぜると10粒くらい食べてくれた。〈朝と夜〉
自分からごはんを食べたいと言う気持ちが生まれてよかったと思っていた。
正直、それから、目に見えて元気になり、大好きなおもちゃで遊んだり、また、水も昨日に比べて割かし飲んでくれた。
オシッコも昨日はあれだけ、ついて回らなければいけなかったのに、今日は朝一回、夜一回、少しまとまって〈昨日に比べると雲泥の量だった!〉出たから、本当に喜んでいた。
が、夜中、また、徘徊を始めた。オシッコは一滴くらいしか出ない!昨日、ついて歩いていた時より、全然出ていない。本当に出ていない。
トータルでたくさん出たんだし、よしにしたいと思うのだけれど、気になる。
凛もしたいのに出ないので、「出ない!」と鳴く。
やっぱり、前のエサをやったからだと思う。
どうしたらよいかわからなくなり、また、s/d5粒をすり餌にして、凛の前足に擦り付けた。
おおかた振り払われて、床に散らばっていた。
それでも、少しは口に入ったと思いたい。
何にも食べるものがなかったら、どんなものだって食べるというねこもいるかもしれない。でも、凛は違う。
自分の嫌なものは、体力が落ちても、絶対に頑として食べない。
可愛い凛、どうしたら食べてくれるんだろう。
凛がだんだん痩せていくのを見ているのも辛いけど、オシッコが出なくなって死んでしまうのはもっと嫌だ。
私が頑張らなければ・・・。

| | コメント (2)

2007年5月13日 (日)

凛は頑張っています。

私はねこの病院に行くのが本当に苦手です。
お医者さんとは、もう長いおつきあいで、今までかなりお世話になった方で、ネズが亡くなった時は、ネズのためにお手紙とお墓に飾る綺麗なお花を頂きました。
そんな場所にもかかわらず、行くのが苦手なわけは、私がよく泣くからです。
今までも、よく泣きました。
ネズのときも、なおのときも・・・。
にゃんが頑張っている時に泣くなんて、なんて弱虫の飼い主でしょう。
でも本当にダメなんです。
凛の場合も我慢していましたが泣けました。
でも、泣いてる場合じゃないので頑張っています。

凛は今窓辺で、外を見ています。
すり餌でもないよりましなのか、少し元気になってくれました。
昨日より、たくさん歩いているし。ちょっとだけ、外にも出してやりました。
すり餌だけでは、たくさん与えられないし、前足も舐めすぎると赤くなりそうなので、どうしようかと考えています。
今朝、一粒づつ、今までのエサを混ぜてやると、10粒ほど食べました。
それも、気が向いた時にしか食べてくれなさそうだし。
s/dを食べてくれないとどうしてよいか困ります。ウォルサムのpHコントロールも進められたので試してみましたが、同じ感じです。(s/dよりは効き目がよくないそうですが・・・)
試行錯誤です。156

| | コメント (0)

凛、二日目。

〈また、続きです。しばらく、凛の看病についてが中心になると思います〉

薬が効いているようで、オシッコが出ている(といっても、ところかまわずしてしまうので、ティッシュを持って後をついて回っています)。
数滴だったのが、それよりは少し出るようになったと言う程度ですが、それでもよい方向に向かっていると思うと嬉しいです。
少し元気になり、薬を飲ませる時おとなしかったのが暴れるようになり、投薬はちょっと大変になってきました。錠剤〈少し大きめ〉なので、ペッとすぐ吐き出してしまいます。口もちゃんと開けてくれないし〈私が下手というのもありますが・・・〉、凛には嫌なことをされていると言う感覚しかないのだろうな。
なので、エサを同じように口を開けさせて放り込むというのは、全然ダメでした。
それで、次に考えたのが、細かくすりつぶしてお湯を少し混ぜ、凛の前足にちょんと付けて少しづつ、舐めさせるというものです。
以前、この方法で飲み薬を他の子に与えたことがあり成功したのを思い出して・・・。
ねこは前足に何か付けられると、絶対に舐めるんです。苦くても・・・。
でも、あんまりたくさん付けるとペッペと前足を振って飛ばしてしまうので、少しづつを根気よく付けて、舐めさせました。
とりあえず、口に食べ物が入りました(と言っても、少量ですが・・・)。
しばらくは、この形で様子を見てみるつもりです。
どうせ、こんなのでは、たくさん食べられないし・・・。でも、何もしないよりましなので。
水は自分から、飲んでくれました!ヨカッタ!
ウォーターファウンテンは思ったより水の流れが速く、またモーターの音が気になって、すぐに片付けてしまいました。残念。

凛ちゃん、また散歩に行こうね。
絶対、よくなるから、頑張ろうね!074_1

| | コメント (2)

2007年5月12日 (土)

凛ちゃん、がんばれ!

〈昨日の続きです〉
この病気は本当にやっかいです。どうして、もう一日早く病院に連れて行かなかったのか、本当に自分が許せません。
病院から帰って、少しまとまって尿が出たので、少し安心していたら大きな間違いでした。
薬は、飲ませてたんですが、かんじんのエサを食べないし、水も飲まなくなってしまいました。
頻繁にトイレに入っては数滴、オシッコをしていたのが、そのうち、どこででもするようになり、昨日は一晩中、そんな繰り返しでした。
今朝、また、病院に連れて行ったのですが、オシッコはでているみたいなので、あとはエサをなんとしても食べさせてくださいと言われました。
点滴は出来ないと言われてしまいました。〈オシッコがまだ順調に出ない状態なので・・・。〉
スポイドで少し水を与えてみました。でも、肺に入ると怖いし、あまり出来ません。少し元気な時に、お湯で体を濡らすとそこを舐めていたので、ほんの気持ち、口が潤ったかなという程度です。
あまりすると、風邪を引くし、そちらも様子見です。
エサはs/dという、ヒルズの特別療法食です。〈2kgが4500円だったと思う)
昨日は少し食べたのに、夜と今朝は全然です。
薬みたいに、強引に飲み込ませなければいけないかと思っています。56010_1
凛はそうでなくても偏食の子なので、本当に食べさせるのが大変です。
でも、食べないと死んじゃう。
頑張るしかないです。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

ストルバイト結晶尿。

今日、凛を病院に連れて行きました。
尿石症で、このまま尿が出ないと命にかかわると言われました。
病院で調べてもらった凛の尿はざらざらの砂のようなものが混じっていました(ストルバイト結晶と言うのを顕微鏡で見せてもらいました)。
食事療法でないと、この石は溶かせないのだそうです。
その病気用のエサを食べさせ、いただいたクスリを飲ませたら、今まで出なかったのが少し出てくれました。
めったに、私の膝になんて乗ってくれないのに、よっぽど不安だったんでしょうね。自分から、乗ってきました。
もっと、早く連れて行けばよかった・・・。忙しいのにかまけて、もう少しで取り返しのつかないことになるところでした。
とりあえず、半年このエサを続けるそうです。それと水以外は、絶対に食べさせてはダメだそうです。124
凛の体質がそうなんだということでした。
とりあえず、食べてくれたのでホッとしています。
明日はウォーターファウンテン、届くかなぁ。

| | コメント (4)

2007年5月10日 (木)

寒かった。

昨日はあんなに暑かったのに、今日の寒さといったら・・・。221_009_1
風邪をひいたみたいです。
みんな、寒いので寝ています。
凛のオシッコの出が悪いので、明日は病院に行く予定・・・。
お医者さんは苦手。でも、行かなきゃ。

そうそう、ウォーターファウンテンをオークションで安く買いました。新品です。
明日か、あさって、届くのかなぁ。
凛、水をたくさん飲んでくれるといいのですが・・・。

*この写真は現在のフクちゃんです♪

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

おかえり!!

今朝の5時半ごろ、フクが約10日ぶりに無事に帰ってきました!0_150
感慨無量です。
幸い、どこも怪我はなく、でも一回り小さくなっていました。
汚れも足の裏程度で・・・、本当にどこに行っていたのでしょうか?
近辺はどこも探し回ったのに・・・。

おとといの夜は、凛が逃げて、真夜中に母と二人で近所を「凛ちゃーん!」と連呼して回りました。
フクも帰らないのに、凛まで帰らなかったらと思うと、どうしていいかわかりませんでした。
雨が降っていたので、遠くには行っていないと思っていたけど、頼りの鈴の音もチリンともせず、とりあえず、明るくなるのを待って探そうと家の戸だけ少し開けて待っていたら、一時間後くらいに、そこから入ってきました。

凛ちゃん、フクちゃんを探しに行っていたのかなぁ。
みんな、待って、待って、待っていたから。

本当に心配してくださったみなさん、ありがとうございました。
今、フクは落ち着いて眠っています。
これまで以上に、大事にしようと思いました。
神さまが帰してくださった大切な命ですから。
フクだけじゃなく、凛もテールも、プリンも、大事に、大事にします。

『たちわかれ いなばの山の 峯におふる 待つとしきかば 今帰りこむ』

ねこちゃんが帰ってくるおまじないです。
いつもその子が食べている場所にこの上の句を書いた紙を置き、その上にその子のお皿を伏せておいて置きます。
玄関にその句を貼ったり、東の方角にその句を貼ったりもしました。

それから、ふたのある小瓶(のりの佃煮が入っているようなガラスの容器)の裏底にその子の名前を書いた紙を糊等で付け、はりを通した糸を、ちょうどその針が真ん中を差すくらいの長さにたわめてビンの中につるします。そして糸の両端をテープでとめ、ふたをしたものを玄関の上がり口に置きます。(ねこの出入りのするところでもいいそうです。)

今まで、それらをして、帰ってこなかったことはありません。

今回も近所のお宮さんと、トイレのカレンダーのねこちゃんに、勇気をもらいました。

本当に、みなさん、ありがとうございました!!

| | コメント (3)

2007年5月 6日 (日)

会いたい

123_007_1

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

愛しい。

125 ねこはどんなねこでも、可愛くて、愛しい。
うちのこじゃなくても、しかり。
『猫』と検索して、いっぱい、よそんちの『にゃん』のことを知る。
みんな、愛されているのがわかるとウルウルしてしまう。
幸せなねこがいる一方、愛情を一生知らないねこがいることも事実・・・。
拾われた子も、ショップやブリーダーさんから飼われた子も、優しい飼い主さんのもとに来られた子は、すごく幸せな『にゃん』だ。
幸福なねこ、ものすごい運の強さだね。
毎日、小さな命がたくさん消えていることを思うと、そのこたちの分も、大切に、愛情一杯、与えたいと思う。

大事に、大事に・・・。
私の宝。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »