« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

かなへび。

庭のゆすらうめの花が今見頃です。184
桜の花に似ていて、とてもかわいらしい花です。
そうそう、今日、凛と日向ぼっこをしていると、かなへびを見つけました。
かなへびって、トカゲのことだったんですね。
しばらく見なかったのは、冬眠していたからなのかな。
うちの子たちに見つからないように祈るばかりです。
今はまだ、しっぽがついている子が多いけど、そのしっぽが短くなるのも時間の問題って気が・・・。
かなへびって、馴らすと手乗りになったり、するそうですね。
確かに、恐竜のちっちゃいの見たいでカワイイ。
でも、自然の動物は自然の中で生きるのが一番だからね。(と言いながら、甥っ子の捕まえたアメンボウをそっと、逃がしてしまったのは私です。)
189

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

また、いつか・・・。

以前、セキセイインコと文鳥を飼っていました(子供の頃はハトも飼っていました)。
ねこを飼いながら、小鳥を飼うのは大変です。
インコたちには、怖い思いをさせていたと思います。
凛が来るまでに、みんな大往生して、いなくなってしまいましたが、今生きていたら、生きてはいないと思います。(へんな日本語ですね。)
今現在、凛に入れない部屋はないので、鳥を隠しておくことが出来ないからです。
でも、もともと最初に飼っていたのはインコで、小鳥系は大好きなんです。
あの、鈴を転がしたような声も今でも空耳で聞こえたりなんかします。
指を噛むしぐさも、手に乗ったときの暖かさも懐かしいです。
でも、ねこがいる間はもう無理ですね。
ピーコちゃん、ブンちゃん、オットちゃん、ミドリちゃん・・・。
また、いつか会おうね。

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

春は・・・。

152 うちの子はみんな、避妊・去勢手術済みなのですが、それでも、春になると浮かれるのか、外出が多くなります。
そして、時々、遠出しているみたいです。
よそのねこさんもよくやってきます。
中には、うちの子の天敵もいたりして、ケンカをしている声がよく聞こえてくるのですが、外に出てみても、どこでなのかまったくわかりません。
凛はそんな時、「助けに行かなければ!」
と、あっちの窓、こっちの窓に顔をくっつけ、そわそわ。
やっぱり、仲間のピンチは気になるみたいで、無事、帰ってきた姿を見ると、「ヨカッタ!ヨカッタ!」とまとわりついています。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

ストレス解消法。

ねこって、土や砂の上でゴロゴロするのが好きですよね。
砂が毛の中に入り込んで、そのあとの毛並みって、かなり悲惨になるのですが、そんなことはまったくお構いなしで、ゴロゴロ、くねくね・・・。
凛も大、大、大好きです。
私はほとんど、絶叫しそうなくらい、嫌なんですが・・・。
だって、真っ白が、真っ黒になるんですよ。背中をはたいたら、砂埃が舞うくらい。背中を撫ぜたら、手は真っ茶色。
でも、凛にしたら、勲章ものなんでしょうね。
ものすごく、嬉しそうで、満足してるのがわかります。
たまりかねて、抱っこでもしようものなら、
キューと言ってなきます。
キューという時は、不足のあるときです。
凛もストレス、たまってるのかなぁ。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

得意分野。

フクは自分で戸を開けることが出来ません。
プリンも開けるのは下手な方です。
テールは開けられる戸と開けられない戸があります。
凛はほとんど開けてしまいます。ちょろいって感じです。
鍵付きはさすがに無理ですが、鍵がかかっていなければ大抵開けてしまいます。
片手の時や、両手の時があります。(前足は手と見なします。)
フクはそんな、器用な凛を『スゴイな~』という感じで見ています。
凛はそんな時、とても得意そうです。55_011

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

2005年に生まれました。

050804_104315 部屋の掃除をしていたら、凛の小さな頃の写真が出てきました。
今でこそ、デジカメで毎日のように撮っていますが、凛が来た頃はまだデジカメがなく、少し壊れかけのカメラで撮っていました。
携帯もすぐに、フォルダーが一杯になりたくさん撮れませんでした。
なので、あまり小さい頃の写真はないんです。
その数少ない写真を見ていると、二年ほど前のことだというのに、スゴク懐かしい気持ちになりました。
凛は2005年の夏にやってきました。そのときすでに、三ヶ月は過ぎていたと思いますから、ちょうど二年前の今頃に生まれたのかな。
なんか、もっと一緒にいるような気がします。
いつまでも、小さい頃のまんまの甘えん坊で、トイレやお風呂にもついてくるけど、ずっと、ずっと、今のままでいてね。
プリンもテールもフクちゃんも、いつまでも元気でいてね。

| | コメント (0)

2007年3月17日 (土)

風の中。

7_154_1 二月と三月が入れ替わったみたいな寒さです。
ふきのとうやつくしも、寒々といったふうに冷たい風にさらされています。
凛は、風の中、しっぽをタヌキのしっぽみたいに膨らませ、枯れ草の上をガシガシ歩くのが好きみたいです。
早く、帰ろーよ、って言っても聞くわけもなく・・・。
かわいそうだけど、だっこして帰りました。
お外、本当に好きだよね。
でも、尋常じゃない寒さだったんだよ。
また、明日、連れて行ってあげるから。

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

おでこになんかついている。

67_150 フクは私が背中を向けてパソコンなどに夢中になっていると、必ず『こっち向いて攻撃』を仕掛けてきます。
早い話が、背中に鳴きながらアタックをされるわけです。爪は出したままです。
来るぞ、来るぞという気配は常にあります。
なので、される前に、しっかりケア(撫ぜ撫ぜ、またはカリカリを差し出す)をするのですが、時々、いつの間にか背後に立たれているということがあって・・・。
その時は、フクも一掻きしないとおさまらないのか、ガリっとやってくれます。
そういえば、フクは他の子たちにも手が出てますね~。ネコパンチするのも、フクだけかも。
結構、気は強いです。女の子なのに。
私は猫におでこをスリスリするのが大変好きなのですが、虫の居所が悪いと、目尻とかよく噛まれます。
ちょっと、涙が出るときもあります。
痛いのと、愛情の温度差をちょっと感じたりして・・・。
だから、そのあと、凛をつかまえてスリスリ三昧してしまいます。

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

親孝行。

044_1 風邪を引いて寝込んでいると、知らない間にテールとフクが私の布団の上で一緒に眠っていました。
凛は心配そうにイチゴハウスから顔だけ出して、私を見下ろしてくれています。
プリンもいたけど、すぐに凛に追い出されてしまいました。
なんか、一日中、そうやって見守られていて、風邪が思いのほか早く治ったような気がします。
凛もいつもなら、散歩に連れて行ってと騒ぐのに、なぜか、おとなしいし。
よく出来た、にゃんたちです。

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

ネコ草のこと。

ネコ草がぐんぐん伸びて、ツンツンかわいいなぁ~と見ていたら、横から凛がガシガシといきなり、食べ始めました。
きゃー、と思わず声が出ました。
確かに、凛のために育てたネコ草ではあるけれど、いざ食べられると悲しいものがあります。
しかも、凛の食べ方は、むごいという形容がピッタリで・・・。
しまいに、口で引っこ抜いたりして。
もう、やめてと凛から取り上げてしまいましたよ。9_105
食べられるのはともかく、そんな無体なことをするのは許せません。
第二弾のネコ草もやっと、芽が出てきましたが、ちょっと複雑な気分です。

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

明日は明日の・・・。

昨日の続きですが、『じゃりン子チエ』には胸のすくような場面がいっぱい出てきます。
私は、主人公のチエちゃんが大好きです。
健気というだけでなく、カッコイイ!
チエちゃんは、自分の境遇を嘆くのではなく、『明日は明日のお日様がピカピカやねん』と、どんなことがあっても常に前向きで、負けるもんかと立ち向かっていく女の子なんです。
お店を何度もテツのバクチ癖で取られそうになりますが、その度に自分の力でそれこそ、命がけで取り戻します。
ある時なんかは、甲子園に出たことのあるピッチャーと対戦をして、絶体絶命のピンチに陥りますが、そんなときにでも、「かんけいないわいっ!!」って、逆転ホームランをかっ飛ばしてしまう。
「こっちは、生活がかかってるんや!」
甲子園のプライドをズタズタにされた大人に、彼女はそう言い切ります。
もう、胸がスーっとします。
時々、無性に見たくなるアニメです。
このビデオを再生しているときは、疲れたり、落ち込んだりしているときが多いかもです。
なくなったら、どうしようってくらい大事なビデオです。8072_1

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

ねこの方言。

122 明け方、夜中に一度出たフクが帰ってきました。
眠い目をこすりながら、窓を開けて、「入らへんのんか?」って聞いたら、フクは「ちょっと、まだ・・・」と言いたげに、反対側の屋根の方に行ってしまいました。
なんやいな、とまたうとうとしかけると、窓の外でにゃー!と声が。
「さっき、まだ入らへんっていうたんやん」
とむくれて言うと、「さっきは、さっき」という声が聞こえたような気がしました。
さっきは、さっきって・・・。
まあ、確かにその通りやけど・・・。そのたんびに起こされてるんやで、私は・・・。
と、またねこ相手に愚痴ってしまいました。
そういえば、『じゃりン子チエ』の小鉄とジュニアも関西弁を喋ってますね。
うちの子たちも、完全に関西弁です。あそこほど大阪弁きつくないですけど。
本当に、ねこの言葉が私には関西弁で聞こえます。
その土地、土地で、ねこも話す言葉が違うんでしょうね。
『じゃりン子チエ』で、小鉄が雷蔵時代、東北を旅した時のがあったけど、そのとき、地元のネコは、なんとかズーと喋っていました。
『雷蔵、サインくれズ』
と。あれは、サインをくださいって意味ですよね。でも、ただ単にズをつけただけなんじゃ・・・。

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

鈴は語る。

123 凛の首に、二個の鈴がついていることは、以前お話しましたが、さすがによそのにゃんを見ても、一つですよね。
脱走したときによくわかるためなんですが、この音がキライな子が一人います。
プリンです。
プリンは、凛の鈴の音がするだけで、しっぽをイライラと大きく振り始め、外に出ちゃる!と訴えます。
凛とプリンは、ホントに水と油っていうか、仲が悪いです。
大体、凛はあとから来たんだから、プリンをもっと敬わなければいけないのに。
フクも、凛がうちに来た当初は、ものすごく嫌っていて、プチ家出を繰り返すほど、仲が悪かったのですが、今では、結構仲がよくて、凛もフクのことを「お姉ちゃん」って、思っている感じです。
プリンとも、そうなってくれるといいんだけど・・・。
凛の鈴、すごくかわいい音です。
凛の嬉しいとき、悲しいとき、一緒に鳴って私に教えてくれます。

そうそう、犬にも鈴ってつけるんですか?
近所のワンちゃんが、鈴をならしながら散歩していましたよ。

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

水ぬるむ。

今日、やっと、ねこ草が芽を出しました。
二週間以上前に種を植えて、その後うんともすんとも言わないので(?)、もうだめかなぁと思い、また第二弾を植えた後でした。(そっちの方もうんともすんとも言ってませんが。)
あきらめていた矢先の新芽だったので、本当に嬉しかったです。
凛のばりばり食べる姿が目に浮かぶ・・・。
他の子たちは、外で食べるのですが、凛はなぜか外では絶対に食べないんですよ。
凛ちゃんの好きな草やで、って教えても、そんなんちゃうっ!、って感じでまるで無視です。
で、仕方なく、摘んで、家で小瓶に差して置くのですが、そうすると「これこれ!」と言って喜んで食べる。
へんな、凛ちゃんです。
凛の散歩コースにある、近くの小川のせせらぎが、耳に心地よくて、いつまでも聞いていたいくらいでした。
そのあと、家に帰って、ほっとしたのもつかの間。
遊び足りなかった凛が、脱衣所の窓から脱走して・・・。
かなり、走り疲れました。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

凛語。

最近、凛の言葉がわかってきました。
今さら?ですよね、ゴメンナサイ。
いや、テール、プリン、フクの言葉はバッチリわかっていたんです。
でも、凛語はちょっと複雑で・・・。
凛は声を変えます。他の子も変えるけど、凛は微妙な変え方をします。
トイレの砂を換えて、とか、散歩に行きたい、とか、ごはん頂戴、とか、どこにおるんや~!という言葉が、それぞれ違うのです。5_114
凛は散歩から帰ってくると、必ず、トイレに入ります。
おしっこをしたら、次は大の方。
でも、綺麗になっていないと、絶対、しません。
なので、トイレの砂がきちんとなっていないと、それを訴える時の声は切実です。
おなかがすいたというのは、ちょっと甘えた声です。
人の姿が見えないときは、迷子の子が母親を呼ぶのと同じ悲しい声です。
今まで、頑張って、言ってたんだな~と、思います。
なんで、気がつかへんのやろ~って、きっと、イライラしていたんでしょうね。
凛ちゃん、ゴメンな。もっと、もっと、凛語、勉強するからね。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »