« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

お出迎えねこ。

000_009 テールは私が外から帰ってくると、たいてい出迎えてくれます。
たまに、後ろから、馬が駆けるように走って追いかけてくることもあります。
夜、そのものすごい駆け足で抜き去られると、テールちゃんだろうなとわかってはいても、ビクビクッとします。
体が大きいので、駆ける音もネコみたいじゃないっていうか・・・。
ヒタヒタと付けられるのも怖いですが、馬が追いかけてくるような音も怖いものです。
しかも、あまり勢いがつきすぎて、私を通り越して、かなり先までいってしまうところが、またテールちゃんらしいです。

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月)

ねこの散歩。

凛の散歩にカメラを持参する話は以前書きましたが、他の人から見ると少しへんな人に見えているかもしれません。
カメラを持つと人格が変わるというか、なりきってしまうというか(カメラマンに)、ちょっと怪しい人になってしまうようです。
ねこの目線に合わせるために、しょっちゅう、しゃがんでますし、カメラの電池が切れそうになるたび、ブンブンカメラを振り回して復活させたり(バッテリーを)、あと、凛相手にいっぱい喋ったり。
でも、時々、思います。
凛ちゃんの散歩友達、欲しいな~と。
あっ、そうか!
散歩の途中で、いつもフクやテール、プリンに会うのは、一緒に散歩してくれてたんだね。
ありがとうね!074

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

昨日のこと。

昨日は『ネコの日』だったにもかかわらず、うちの子たちはそれほどいいことは何もなかったよと、言っています。
・・・そんな視線を昨日は、一日中浴びているような気がしていました。
でもねぇ、そうそういいことって、思いつかないよ~。ゴメンねぇ~。かんべんしてください~。
ちょっと、私も疲れ気味で・・・。あっ、そんなことは君達には関係なかったよね、ゴメン、ゴメン。
とりあえず、凛の散歩だけは昨日も行っておきました。途中で、フクに出会ったので、一緒に帰りました。
凛もそこまではよかったんだけど、またプリンをいじめて、私にこっぴどく叱られ、無視までされ、最後にはいじけちゃたんだよね。
フクもプリンをいじめたから、叱ったら、そんなに怒られたことないって顔でビックリしてたね。
結局、昨日はいいことなかったね。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

凛のこだわり。

76_066 凛の散歩には小一時間かかります。
外が好きなわりに、スゴク緊張して、いろんな気配についていくのがやっとみたいです。
クルマの音や、飛行機の通る音、人の声・・・。刺激がありすぎて、嬉しい悲鳴?
たいてい、キョロ、キョロ、している間に時間がたって、お散歩終了ってことになるのですが、凛はただ外に出るのが目的みたいなので、それでいいみたいです。
お外では絶対、トイレをしないし、大好きな草も食べません(家ではムシャ、ムシャ食べますが・・・)。
もっぱら、小さな耳をアンテナにして、自然を満喫しています。
でも、私としては、本当に退屈でカメラでも持ってないとあくびの連続です。

*これは、凛の好きな草です。家に摘んで帰って、小瓶にさしておきます。071

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

イス取りゲーム?

231_015 我が家では、まるで『イス取りゲーム』のような光景が繰り広げられます。
一種の陣取りなんでしょうか?
たいてい、好きな場所はその子によって決まっているのですが、やはり『よその芝生は青く見える』と言うのは、ねこたちにも当てはまるようで・・・。
一匹がちょっと、その場所を離れると待っていたかのように、スグ、他の子がその場所に割り込みます。
「もう、どかへんで~。おらんようになるんがいかんのやんかぁ」
いつも、そんな顔をしているのは、凛なのですが、ゆうべは大黒星!
なんと、ピンクのイチゴハウスをテールちゃんに取られてしまいました。
テールは熟睡よりも爆睡で、あまりにも起こすのがかわいそうだったので、そのままにしておきました。
今日、凛はハウスの前までは行くのですが、なぜか入ろうとしません。
「う~、テールちゃんクサイ・・・ぶつぶつ」
でも、きっと、明日になったら、けろっと忘れていることでしょう。

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

お相伴。

8045 最近、ねこにエサをやるとき、私もお相伴にあずかってしまいます。
こんなの、何がおいしいのと思ったけど・・・クセになってしまいました。
あかん、あかん!体にもよくないんちゃうん?って、思いもするのですが、じゃあ、体に悪いものを猫に食べさせてるの?とも思い、ちょっとだけ、数粒だけ、口にしています。
カリカリ、いい音がするのがいいです。
うちの子たちは、みんな、飲み込むように食べていましたが、私がカリカリやると、競争するように、噛むようになりました。
おかげで、すぐにゲロしていたフクもそれがなくなりました。
私が好きなのは、フリスキーの3kgのフィッシュ味です。
あっ、みんなも大好きだそうです。

| | コメント (0)

一番弱いのは・・・。

最近、みんながプリンをいじめます。
凛がいじめるから、みんなも真似をしたんでしょうか?
フクなんて、昔はプリンと仲良かったのに、今は、熟睡しているプリンのとこへ行って、噛みついたりするんですよ。
テールも何気に追いかけるし・・・。
実際、プリンはそのストレスでか、過食症気味で、本当にクロブタさんみたいです。
抱っこしたら、本当に重い。
外でチーターみたいに走り回っているので、運動不足の心配はないけど、マジ、食事制限しなきゃ。
プリンも、もっと怒ったらいいのに。なんで、こんなに弱いんだろう?
やさしいんだよね。
私が見ているときは、ものすごくプリンをかばうので、ほかの子達は、手を出したら怒られる~とばかりに、いい子してますが、ちょっと離れるともう、取っ組み合いのケンカを始めます。
さっきも、レフリーのごとく、仲裁したところです。050122_142915

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

待ち受け画面。

皆さんの携帯や、パソコンの待ちうけ画面は何ですか?
私のは、もちろん、うちのネコちゃんたちです。
出先で、すごくネコたちに会いたくなると、よく携帯を開きます。
メールとかあんまりしないのですが、待ちうけや、データフォルダだけはよく開けます。
凛のときもあれば、フクのときもあり、また、テールのときもあれば、プリンの時もあります。
時計が一緒に付いているので、なんか、ねこ時計みたいです。
普通の時計を見るより、全然楽しいです。
もし、ねこちゃんを飼っていない人がこのブログを見てくださってたら、待ち受けに画像を持っていってもいいですよ。
それで、日々の何かが癒されるなら・・・ぜひ、どうぞ。051101_191259_1

| | コメント (0)

2007年2月17日 (土)

ねこの幼稚園。

016 凛は「バイバイ」をされるのがキライです。
いたずらをしていて、怒るときに、あんまり言うことをきかないと、「凛ちゃん、バイバイするよ」と言います。
すると、凛は泣きそうな顔になります。
「なんでそんなこと、言うのよ」
みたいな顔で訴えます。
基本的には、凛はいい子です。障子を破ったり、壁で爪を研いだり、プリンを追いかけたり、イジワルをしますけど・・・。
凛といっしょにいると、幼稚園の先生になった感じです。
フクやテール、プリンはもう少し大きな生徒と言う感じで・・・。
やぱり、凛はいつまでも子供です。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

雪降らず。

667_011 昨日はものすごーく寒くて、風も、あきらかに雪起こしのような激しさだったにもかかわらず、結局、雪は降りませんでした。
ちょっと、肩透かしをくらったみたいな気分です。
本当に、どうしたんでしょう。
まだ、片手で数えられるほどしか、雪は降っていません。
もう、ふきのとうも出ているし、春ですか?
寒いのは苦手だけど、地球がヘンになってきているようで落ち着きません。

凛の散歩に出かけると、知らないうちにプリンや、テールたちがついて来ます。
また、一緒のところを撮りますね。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

雪の前。

うちのねこたちは、時々、犬みたいと思うことがあります。
テールは見た目が、犬っぽいし(甥が、かつてワンワンと呼んでました)、鳴き方も「にゃー」じゃなく、「あーん」です。しっぽが、まさに、犬のしっぽ!
時々、私でも、犬と勘違いすることがあるほどです。いや、ほんと。
凛も、人の後をついて回るし、散歩をおねだりするしつこいところなんて、本当に犬そっくりです。
プリンとフクはどう見ても、ねこにしか見えませんが・・・。

今日は風が強く、寒いので、ねこたちはみんな寝ています。
なんか、涙がでそうになるくらい幸せな光景です。

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

フクちゃんのこと。

123006 黒白のフクちゃんは、家の中ではどたどたと歩くくせに、外から帰ってくる時は、音も立てずに屋根に上ります。
なので、気づかないとずっと窓の外で待っていることに・・・。
「遅いなぁ~」と思いつつ、なんとなく気配を感じて窓を開けると、「いたぁー」ということが、少なくありません。
プリンちゃんは、こういうとき、窓に激突したりして、「開けてー!」と主張するのですが、フクはおっとりしているので、こういう時、ちょっと、損してるなと思います。
今年は極端に雪が降ってないし、屋根が凍るようなこともないので、初滑り〈屋根の〉はまだのようです。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

好きな猫のアニメ。

667_014_1 甥っ子の好きなビデオに、『うちのタマ知りませんか?』というアニメがあります。
いっぱい、カワイイ猫が出てくる、猫好きにはたまらないアニメです。
その、主人公ともいうべき、『タマちゃん』は性格はともかく、模様は凛にとてもよく似ています。
それを見るたびに、凛に見えてきて、今では、凛のアニメだと思いながら見ています。(でも、お気に入りは、実は犬のポチだというのは、内緒ですが・・・)

もう一つ、よく見るのに、『じゃりんこチエ』があります。
これにも、なかなか味のある猫が出てきます。このアニメは、猫だけじゃなく登場人物、すべてが興味深くて、思わず、引き込まれてしまい、何度見ても飽きさせません。
大阪の下町のお話なので、コテコテの大阪弁で、決して、上品な言葉遣いじゃないですが、笑いあり、涙ありの素晴しい作品だと思っています。
小さい子供に見せるには、抵抗のある言葉がじゃんじゃん出てきますが、甥っ子はそのアニメが大好きです。
ちなみに、チエちゃんのお父さん、テツの声は、西川のりおさんです。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

されど首輪。

凛の首輪がなかなか、気に入ったものが見つからないので、自分で作ることにしました。
布は、和風の桜の柄で、色はえんじ色のおしゃれな感じのがたまたま家にあったので、それで、早速縫い始めました。
凛の首周りを測って、長さも調節できるようにボタンをつけました。
30分くらいで、出来上がり、我ながらよくできたと自画自賛していたのですが・・・。
凛の首にはめて、母が一言。
「ぱっとせん」
結局、私の血と涙の結晶(!?)は凛のおもちゃと化しました。044

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

血が騒ぐ。

凛の散歩の時、デジカメははずせません。
光線のことや、わからないことは一杯ですが、気分は映画監督です。
やたら、カメラワークに凝ってみたりしてしまいます。
おかげで、テレビをみていても、構図やらが気になって、いちいちダメ出しをしてしまうほどです。

「あー、ダメじゃない。せっかくのゲストがさっきから、全然映ってないよー。もっと、全体に気を配んなきゃ。ぶつぶつ・・・」

むかーし、ねこの雑誌に写真を投稿していて、二回ほど載ったことがあります。
そのときの賞品が、掲載された写真のジクソーパズルと時計で、それ欲しさだったんですけど・・・。
当時、審査員をされていたのが、浅井慎平さんでした。
ちょっとしたコメントも頂いて、嬉しかったなぁ。
あのときから、頑張っていたら、今頃、猫の写真家になっていたかもしれんのに・・・。
道、間違えた・・・。

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

赤ちゃん言葉。

猫はなぜ、話しかけると目をしばーっとさせるのでしょう?
私もまた、なぜ赤ちゃん言葉になるのでしょう?

「ねんね~しよん?め、め、きっき、しなさい」
「おちゃんぽ、いこか?」
「まんま、たべたいの?」

あ~。
甘えさせてもらってるなぁ~、私。

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

雪降り。

今日は雪降りでした。
節分は、決まって雪が降りますね。降らなくても、たいてい寒いです。

凛は、上から降ってくる雪を不思議そうにに窓辺から見ていました。
そして、お散歩に行くんだと言ってききません。
でも、いざ玄関から出ると、あまりの寒さのせいか、固まってしまいました。
まるで、こんなはずじゃなかったとでも言うように・・・。でも、せっかくなので、少し歩かせてみました。数分もたたずに、入るぅと言って、おうちに帰りました。

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

テールちゃんの動画。

昨日はお風呂場の窓から、今日は私の部屋の窓から、凛は脱走しました。
もー!大変でした。
鍵をかけない限り、自分でサッシだろうが、扉だろうが、開けてしまう・・・。
たまたま、鍵をかけ忘れた時に限って、シメシメと出ちゃうんですよね~。
本当にいつ出て行ったかわからないので、鈴だけが頼りです。
いつも、凛の行動には目を光らせていないといけないというか・・・。
はぁ~、疲れたぁ。
本当に、寿命が縮む思いです。

テールちゃんの動画、上手く撮れません。
これは、母の膝に乗りながら、椅子にかけてある服をモミモミしているところです。
一度、背中に乗せて、肩の辺りをもんでもらおうと試したことがありますが、乗り心地が悪かったのか、すぐに降りてしまいました。
また、今度リトライします。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »