« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

返還。

見えない力はいっぱいあると思います。
日本には、万の神様がいっらっしゃるので、誰かが助けてくださると信じています。
決して信心深い私ではないけれど。
信じると言う力は、本当に強い威力を示すから。

私の信じ方は少し、偏っているかもしれません。
よい方にも、悪い方にも、信じてしまうので。
こじつけ・・・とも言いますね。

でも、そのこじつけが私には大事だったりします。(少し長い話になります・・・)

昔、猫の写真で年賀状を作ったことがありました。
とてもよい出来で、自分用にも一枚残しておいたくらいでした。
でも、その年賀状がみんなの元に届いた頃、その猫(ちーちゃん)はいなくなりました。
ちーちゃんは、普段行かないような場所で交通事故で亡くなっていたのです。
私は、悩んで、悩んで、自分が年賀状を作ってしまったからだと思うようになりました。
それ以来、どんなに親しい友人にも猫の写真をあげられなくなりました。

去年のことです。
塾の生徒が、自分の飼っている猫の写真をくれました。
私は、話の流れから、自分もあげなくてはいけないという気になり、少しためらいつつもプリンちゃんの写真をあげました。
そして、その次の日くらいに、プリンちゃんが帰ってこなくなったのです。
私はかなり悩んだ挙句、その子に理由を話して、その写真を返してもらいました。
すると数日後、なんと、プリンちゃんは帰ってきました。

こじつけだろうが、なんだろうが、いいんです。
帰ってきた、そのことが私には大事なんです。

なので、さきほど、テールの画像を返還させて頂きました。
また、無事に帰ってきたら、思う存分、アップロード致します。

皆様、私のこじつけにつき合わせて申し訳ありません。

*テールは10/25の夜から、いなくなりました。画像だけ、返還させてもらおうと思ったのですが、上手くできず、結局、それまで書いていた記事も削除致しました。

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

猫と落語

今日も凛ちゃんと散歩に行きました。
イナゴがいました! いるとこには、やっぱ、いるんですね。
凛が歩く度に、びっくりしたイナゴが草むらからいっぱい飛び出してきて。
もう、凛は目移りして、右往左往・・・。
自分もイナゴと一緒にあっちへ、ぴょん、こっちへ、ぴょんして・・・結局は、遊ばれただけでした。
後ろから、ついて来ていたテールちゃんが
「あんさん、ヘタやなー」
と、あきれて見ていました。
へたやけど、好きやねんなぁ、凛ちゃん。
あの味が、忘れられんそうです。
あんな、かわいい顔して、頭から、ばりばり食べはるん。56_013
動物性たんぱく質に飢えてはるんかなぁ。

なんでか、関西弁になりました。
あっ、今、桂枝雀さんの落語、聞いてたからかもです。
ほっこりしたい時とか、落ち込んだときによく聴きます。
ネコも聴いてるみたいです。

昔いた、ネズちゃんって猫は、『富くじ』という落語が好きでした。

本当は貧乏なのに、お金持ちのふりをして宿屋に泊まった主人公は、宿屋の主人にせがまれて、最後に一枚だけ残っていた『富くじ』を買わされます。すっからかんになった主人公は散歩に出かけるよう装って、そのまま逃げようとしますが、せっかくだからと、富くじの当選番号を確かめに神社へとやって来たのですが・・・。

そこで、自分の富くじと、当選番号を確かめるときに、主人公が、
「ねーの、ねーの・・・」
と、繰り返すところがあるのです。
ネズは、そのくだりになると、いつも、耳をピンとして聴いていました。
ネズのことを、よく「ねーちゃん」と読んでいたので、「ねー」にきっと、反応したのだと思います。

今でも、枝雀さんの『富くじ』を聴くと、ネズが偲ばれます。

さて、凛ちゃんは、何に反応するかな。
あー、そうそう、『バンプ・オブ・チキン』の『ガラスのブルース』、お気に入りなんだよね♪
さぁ、なぜでしょう?
興味のお有りの方は、是非答えを探してみてください。

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

輪廻。

我が家では、この十年以上、猫が絶えたことがありません。
・・・というか、常に3匹以上はいるので、亡くなっても、猫のいない生活を過ごすことはありません。
今いる子たちは、みんな、自分からやってきた子達ばかりです。
フクちゃんしかり、テールちゃんしかり、プリンちゃんしかり、凛ちゃんもそうです。
みんな、やせっぽちで、捨てられた仔猫でした。
でも、不思議なんですが、その子たちがやってきたのは、うちの猫の誰かが亡くなって、しばらくたってからなんです。
まるで、生まれ変わりみたいに・・・。
顔かたち、毛並みは全然違うのに、私には、魂が受け060501_140218 継がれているような気がしてなりません。

出逢った猫は、もう十匹以上になるけど、どの子もみんな、可愛い、私の宝。
一日でも長く、一緒に暮らしたいです。

| | コメント (0)

2006年10月22日 (日)

凛ちゃん。

凛ちゃんの散歩に行きました。
猫の散歩は、結構ラクです。あまり、動かないので。
脱走したときは、とてもじゃないけど、つかまえられないくらいの速さなのに、胴リードをした凛はのそのそ、どちらかといえば、コワゴワです。
人やクルマが怖いんだよね・・・。
でも、外は大好きなので、一日に一回は行きたいと訴えてきます。リードをくわえて、「ウー、ウー!」となきます。ホントです。
もともと、長い紐が好き・・・というのもあるのですが。

212_014 凛ちゃんのお楽しみのイナゴは、結局、見つかりませんでした。もう、秋も終わりだからね・・・。

結局、猫も人もボーッとして、帰りました。

癒しの時間だったね・・・。

凛ちゃんは、フリスキーを食べて、おやすみ中です。

                                     212_019

                                       

| | コメント (0)

プリンちゃん。

プリンちゃんは、なぜ「プリンちゃん」という名前かというと、小さいときに頭のてっぺんだけ茶色だったからです。
でも、今はどこもかしこも真っ黒け。夜がお友達ってくらい、溶け込んじゃってます。

生まれて、目が開いたか開かないか678011 くらいのときに、捨てられていた近くの竹やぶから、我が家にやってきました。自分のあんよでよたよた歩いて。

真っ黒の毛糸だまのようでした。
二、三日、つかまえられなくて、様子を見ていたのですが、ぽつんとひとりたたずんで、空を見ている姿がなんか、さみしそうで・・・。

そのあと、溝に落ちて上がれなくなったところを、つかまえました。

「ミユー」って、なくんですよ。だから、本当はミユにしようと思っていたんですが、男の子だったのでそれはちょっとまずかろうと、「プリン」にしました。

黒猫、ひそかにあこがれていたんですよね~。
プリンちゃん、うちに来てくれて、ありがとうね♪

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

フクちゃん、帰る!

フクちゃん、夜の九時に、帰ってきました!!
いつものように、庭木から屋根に上って、なきながら私の部屋に入ってきました。
草の実をいっぱい付けていて、おなかもぺしゃんこでした。
食べる!食べる!
でも、すぐ外にまた出たがって・・・。
今日は我慢してって、言ったんですが、ウーとぐずりだし、もう聞かないって感じで、仕方なく出しました。
何でだろう? よっぽど、楽しいことがあるのかな。
他の子は家が大好きで、ほとんど一日中ってくらい、家で寝てるのに・・・。
もうちょっと寒くなったら、家にいてくれるかな。
でも、帰ってきてくれてよかったです。明日は、お宮さんにお礼参りに行ってきます。
言霊さまや、カレンダー猫ちゃんにも、ありがとうを言いました。050417_212856

| | コメント (0)

2006年10月19日 (木)

フクちゃーん!

実は、フクちゃんが月曜の夜から帰ってきません。
フクちゃん、女の子〈手術は済み〉なのに、なぜか、外の方が好きで。というか、他の猫がキライなんです。
一週間ほど帰らないのは、三回ほどあって、一番長かったのは、26日間。奇跡に近かったです。
近くには、たんぼがあるので、イナゴとか、ネズミとか、スズメとか、食べるものはあると思うのですが・・・。それでも、心配。
猫が帰ってくるおまじないをしたり、近くの神社(ここは、スゴク御利益があるのです!)にお参りに行ったり。
あと、言霊さまにも、お頼みしています。
言葉には力があると思うんですよ。で、「帰ってくる!フクちゃんは絶対帰ってくる!」って、口がだるくなるまで言い続けていると、それが見えない力になって、現実のものになる・・・と、私は信じているのです。
それから、絶対にあきらめないこと。フクちゃんが帰ってくると信じ続けること、です。
10月のカレンダー猫ちゃんの、マロンちゃんとくりんちゃんも、大丈夫って言ってくれているので、私も頑張ります!

フクちゃーん、早く帰ってきてねー!!

                         050123_113654

| | コメント (0)

2006年10月17日 (火)

またたび

凛ちゃんが、外に出たい病でどうにも、やかましくてたまらない時は、マタタビの実をあげるようにしています。
と、いっても、数分遊んでいるだけで、食べもせず、すぐ飽きてしまうんですが、とりあえず、しばらくは外のことを忘れるみたいで。
丸い形の実は、見向きもしないんです。長細い実だけがお気に入りみたいです。
葉とか、茎とかあるらしいけど、どうなんだろう?
ちなみに、テールは、この間、にんじんの葉っぱの部分にコロンとなっていました。にんじんを抱えて、すごく嬉しそうでした。
アー、写真、_004 撮るんだったぁ!

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

五目並べ

ここ最近、仕事関係やその他でくしゃくしゃすることがあり、ブログが更新できませんでした。
へこんでいる時には、何をするのも億劫になるというか・・・。
一応、何か書こうと自分のブログを開けてはみるのですが、やはり、何も浮かんでこず。
凛ちゃんは相変わらず昼間どっぷり寝て、夜は私を寝させてくれないし・・・。
フクちゃんは、そんな凛ちゃんをうるさがって、晩御飯を食べたら、すぐ出て行っちゃうし。プリンちゃんは、そんなの、どうでもいいから寝させてよと、ベッドの上に大の字になって寝てるし。
テールちゃんは食欲の秋で、誰かを見ると、ごはーんって、ないてるし。
私もうじうじ、ぽかーんとしているのも何なので、ブログツールの五目並べをプロフィールの欄に貼って、ちょっと、ストレス発散してみました。
結果は、惨敗!でも、一勝はした。
明日は、二勝できるかな・・・。

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

怒ったら・・・

凛ちゃんは、怒りのボルテージがマックスに達すると、えさの袋にあたるんですよ。
カミカミから、タックルから、しまいには、振り上げて落とすという・・・。
・・・すさまじい、の一言です。
まだ封を開けたばかりの3kgのフリスキーの袋が、見つけたときにはもうぼろぼろで、中身があっち、こっちに、振りまいてありました。
フクちゃん用のだったのに・・・。もしかして、それが気に食わなかったとか・・・。

真っ黒のプリンちゃんのことや、大きいのに気が優しいテールちゃんのこととか書きたいのに・・・。もう少し、待っていてくださいね。77009

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

おかえり。

明け方、フクちゃんが帰ってきました。濡れネズミならぬ、濡れネコになって。
たくさん、食べて、寝て、また、遊びに行きました。
今は、プリンと凛が私のベッドの上で寝ています。
この、二匹、いつもは仲が悪いのに・・・。といっても、凛が一方的にけんかを仕掛けるんですが・・・〈一番新入りのくせにですよ)。
眠くて、眠くて、それどころじゃない・・・みたいです。
猫って、静かに寝るんです。いるのか、いないのかわからないくらい。
でも、時々、いびきもかきますが・・・。
寝ている猫を起こすと、化け猫になるといいますね。
なので・・・スゴク静かにしています・・・私。
これ以上、化けられては困りますから。

特に、凛ちゃん。化けんといてね。060412_132214

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

雨が・・・

雨が降っています。
風もかなり吹いていて、雨戸がガタガタ言っています。
夕方、出かけて、帰らない猫がいて、こんな夜は特に心配です。
庭木を伝って、私のいる二階に帰ってくるんですが、冬はちょっと大変です。
屋根瓦が、雪などで凍ると、猫がすべるんです。
ツツツー・・・って、下まで落ちそうになるので、ハラハラします。
どうしても、上がれない時は、シーツのような長い布をロープのように投げて、その上に乗ったところで、えいこらと引き上げます。
ウソの様な、本当の話です。

フクちゃん、早く帰らないかな・・・。
また、徹夜かな・・・。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »